日頃の疲れをとるための温泉地への一人旅なのに、 食事の際、大広間などで団体客と一緒になり、人目が気になり落ち着かなかったってことはありませんか?癒しを求めて、食事部屋出し温泉一人で宿泊にこだわり、一人旅でリラックスするための情報を掲載します。

一休.comレストラン(北海道)

このページはアフィリエイトプログラムを利用した一休.comレストランの紹介ページです。


一休.comレストランは、ワンランク上のレストラン予約ができます。地域やジャンルからカンタン検索、ネット予約。一休だけの限定メニューやお店・メニューの写真・利用者の感想などレストラン情報満載。記念日ディナー、接待に是非ご利用ください。


北海道のレストラン一覧

中国料理 彩雲/ホテルモントレエーデルホフ札幌(チュウゴクリョウリ サイウン)
ホテルモントレエーデルホフ札幌12階中国料理店「彩雲」。欧風な雰囲気の空間が高級感を感じさせ、店内は開放感がある窓が一面に広がり見る景色は最高です。昼は市内を一望、夜はライトアップされたテレビ塔も眺めることが可能、夏の花火大会も美しく格別の眺望です。中国料理長「武田 幹唯」は、独創的な味付け・盛り付けにこだわり、「食べて美味しい、見て楽しい」をコンセプトに料理を提供しております。また、季節ごとにテーマを変えて旬の素材を使ったコースも昼・夜問わず楽しめる事が出来ます。
気軽におしゃれに中華を楽しめる内装、開放感のある窓からの景色は最高です
「ホテル外観」時はさかのぼり十九世紀末のウィーンへ、この地を舞台に繰り広げられたヨーロッパ文化史に名を残す、あの歴史的新時代到来への息吹“ウィーン世紀末”そんな時代にタイムスリップした気分であなただけの素敵な時間をすごしてみませんか?
「店舗内観」内装は白を基調としたシンプルな造りに、テーブルには卓上花が華やかに飾られ、照明など細部にも気を使ったおしゃれな空間づくりにこだわったお店です。
季節の食材から高級食材まで味わえ、独創的な「新中国料理」が楽しめます
中国料理「彩雲」料理長、武田幹唯は昭和60年より釧路市内のホテルにて修行後、平成6年から「ホテルモントレ札幌」で今のスタイルである「新中国料理」を学び、平成19年から当レストランの料理長となり現在に至っております。ここ札幌の地で長年の経験を活かし四季折々の食材と向き合い、そしてその食材を中華で最大限に引き出す事を常に考え、鍋を振り続け現在の独創性あるスタイルに辿り着きました。「食べて楽しむ」「見て楽しむ」を実感して下さい。
中国料理長「武田 幹唯」が生み出す独特な感性が活かされた逸品をご賞味ください
“リーズナブルに新中国料理を楽しむ”をコンセプトに、お昼はサラリーマンから主婦層まで、様々なゲストに合った料理をご用意しており、旬な食材から高級な食材まで、料理長の独創的な感性で楽しませてくれます。盛り付けにもこだわり中華を超えた斬新な発想で描かれるお皿はまるで「フレンチ」のようだとお客様は言います。また、定番の料理もご用意しておりご家族や、お子様連れにも人気があり、気軽に立ち寄れるお店です。


agora/クロスホテル札幌(アゴーラ)
銀座「Sky」や西麻布「Furutoshi」の姉妹店として、札幌駅クロスホテル内に2007年オープン。「体に優しいイタリアン」をコンセプトに、有機野菜や、道産食材をふんだんに使用した北海道でしか表現出来ないイタリアンを提供しています。
大切な人とゆったりとお食事ができる上質な空間
店名agora(アゴーラ)の由来は、キリシャ語で“人が集う広場”。特別な日に大切な人と非日常を味わう為の記念の広場、アゴーラが目指すのは、まさにこの広場です。 大切な方の誕生日、最愛のパートナーとの結婚記念日、かけがえのないご家族でのお祝い、記念日は十人十色。お仕事で大切なお客様との記念すべき初めてのディナー、お世話になった方への感謝の記念日ディナーなど、様々なシーンでゆったりご利用して頂ける空間をご用意しています。キャンドルの灯る落ち着いた雰囲気の中で、特別な日にふさわしい特別な時間をお過ごしください。

特別な日を演出する贅沢な食材
フランス産のフォアグラや北海道産の毛ガニ、黒毛和牛など豪華食材を織り込んだ至極のコースが記念日を華やかに彩ります。素材の旨みを最大限に引き出し、繊細に盛りつけられた品々を“見て”、“味わって”存分にご堪能下さい。
素敵な記念日を演出!オリジナルメッセージのサプライズデザート
お食事の最後には、お祝いのメッセージを添えたデザートで演出。食後のサプライズで、記念日を更に感動的に締めくくっていただけます。大切な人と過ごす大切な時間には、特別な演出を。


スカイレストラン ロンド/センチュリーロイヤルホテル
札幌を一望できる回転展望レストラン。さっぽろテレビ塔、JRタワーや大倉山シャンツェなどお席にいながらにして札幌の景色を360度のパノラマでご覧いただけます。ランチタイムには抜けるような青空と色鮮やかな木々や山々、ディナータイムには灯りの優しい煌めきが時間を飾ります。景色を楽しみながらお料理を心ゆくまでお楽しみください。
360度、表情の違う札幌の街並みを満喫
センチュリーロイヤルホテルの最上階23階で味わう東西南北で表情の違う札幌の街並みを満喫。店内はドーナツ型をしている為、どのお席からも一面のパノラマが望めます。
北海道の旬を活かしたフレンチ
大切な記念日からグループのお食事まで、北海道の旬の食材を中心に創りあげた、調理長金子自慢の色彩豊かなフレンチをお楽しみください。ランチは札幌の街並みや遠くの山々まで、ディナーでは煌めく夜景をすべてのお席よりご覧になれます。


日本料理 北乃路/センチュリーロイヤルホテル(にほんりょうり きたのじ)
心を込めたおもてなしの料理を是非ご堪能ください。ご接待やご会食、各種ご宴会、お祝い事などお客様の用途に合わせてご利用いただけます。
【落ち着いた優しい時間の流れる店内】
窓のある6名様の個室を6室(繋げれば36名様まで可)、4名様用の半個室を4テーブル、18席のテーブル席、そして、専用キッチンを備えた札幌ホテル内和食レストランとしては初のシェフズテーブルを創設。
すべての個室からは札幌の景色、夜景がご覧いただけます。
【温故知新、大切な和食の伝統にグローバルなエッセンスを添えたお料理】
伝統的な和食文化を大切にしつつ、グローバルな感性で北海道は基より日本中、世界中の食材、調理法を融和させた、新しい日本料理をお楽しみいただけます。
ほっと心温まる和食の世界に、グローバルなエッセンスを加えた「美味しい和食」を発信いたします。
創設した「シェフズテーブル」は、専用キッチンを擁する12席の特別な個室。
そのお部屋に供されるのは、そのお客様のためだけに造られるシェフの世界。
食材が料理に昇華していく時間と共に、日本酒、ワイン、高級日本茶が特別な時間に彩を添えます。


オーベルジュ・ド・リル サッポロ(ル・バエレンタル)
澄んだ空気が流れ自然に囲まれた北の大地・札幌がフランス北東部「ル・バエレンタル」を思わせることから誕生したレストラン。フランスをはじめとするヨーロッパ各国から取り寄せた店内の調度品やカトラリー、様々な時代を反映した家具が、長い間この地に佇んでいたかのような空気感を作り出し、くつろぎの時間をお約束いたします。ゆったりとした時間が流れる中でお楽しみ頂くのは、フランス・アルザスの名店「オーベルジュ・ド・リル」の伝統の味。パリの喧騒から遠く離れ、コウノトリが大空を飛び交う豊かな自然の中に佇むこのレストランは、「
優雅でありながらモダンな雰囲気も兼ね備えたくつろぎの空間
円山公園を目の前にした、緑豊かなロケーションにたたずむ一軒家。天井に渡る太い梁、漆喰の白壁、暖かな暖炉がノスタルジックな空気とともにお客様をお迎えし、自邸のようなくつろぎをご提供します。シャンデリアの輝きに包まれた吹き抜けが開放的なレセプションを抜けると、中庭からのやわらかな光がこぼれるメインダイニングが広がります。あたたかな雰囲気の中にもモダンなテイストが感じられ、グランメゾンの風格と優雅さにあふれた空間は上質で特別な時間を約束します。
アルザスが誇る美食文化のシンボル「オーベルジュ・ド・リル」
1949年、フランス・アルザス地方にあるイローゼンという小さな村に「オーベルジュ・ド・リル」は誕生しました。パリの喧騒から遠く離れ、コウノトリが大空を飛び交う豊かな自然の中に佇むこのレストランは、1967年に初めてミシュランの三ツ星に輝いてから今日に至るまでその星を守り続けています。アルザスが誇る美食文化のシンボル「オーベルジュ・ド・リル」。世界中の美食家たちが愛してやまない至高の料理を優しさ溢れるおもてなしと共に心ゆくまでお楽しみください。
お料理、ワイン、サービス、空間。全てにおいて満たされた至福の時間をお約束します
最高のお料理とサービスでもてなす瀟洒な一軒家での非日常のひとときは、自邸のようなくつろぎと満ち足りた時間をお約束します。お料理に欠かせないワインも、銘柄、状態ともに最高のものばかり。平松宏之が直接現地に出向いてテイスティングを重ね、作り手本人と対話しながら選び抜いたここでしか味わえない希少なものをはじめとしたこだわりの銘柄の数々を、生産者から直接買い付けることで実現した、お楽しみいただきやすい価格でご用意しています。新鮮かつ洗練された味わいのお料理とともにごゆっくりとご堪能ください。


ラ・プロヴァンス/ノボテル札幌
気軽にお越しいただいて、賑やかに楽しめる札幌のオアシスでありたいという思いがこめられた“La Provence”。美味しい日本(北海道)の四季を彩るご馳走を、普段着のフレンチとして、美味しいワインとお楽しみいただけます。毎週ちょっと寄りたくなるような、日常使いにしていただきたいフレンチです。気の置けないあの人とぜひ普段着でおこしください。
自然豊かな都会のオアシス。北海道の美味を堪能
札幌市民の都会のオアシス中島公園に隣接するノボテル札幌の5階に位置するフレンチビストロ「ラ・プロヴァンス」。大きな窓からは公園の緑を眺めることができる。日中は温かな陽が差し込み、夜は照明を落とし落ち着いた空間を演出します。
肩の力を抜いて“普段着のフレンチ”
シェフの伊藤が自信をもっておすすめするお料理は、野菜を多めに摂取できる「身体にやさしく=軽く」、毎日食べたくなるようなお料理。ヘルシーで且つ彩り豊かな盛り付けで女性のお客様にも人気です。北海道の豊饒な「大地の糧」「海の糧」を親しみやすく美味しくいただける楽しいお料理をご堪能ください。 ホテル内ワインセラーには常時370種1800本のワインもご用意。シニアソムリエと選ぶお気に入りのワインとともにお食事というのもおすすめ。
アットホームな雰囲気も魅力。様々なシチュエーションに対応いたします
料理人・サービススタッフがともに連携をとり、皆様が心地よくお過ごしいただけるようおもてなしいたします。記念日やビジネスでのご会食、ウェディングパーティなど様々なシチュエーションに対応できるレストランです。


こころ/グランドパーク小樽
四季の変化を感じられる北海道産の新鮮な海の幸や山の幸を、繊細な会席や豪快な鉄板焼きなどの「和」のアレンジでお楽しみ頂ける完全予約制の和食処。食材へのこだわり、調理法へのこだわり、そしてサービスへのこだわりが感じられる多彩なお料理で、上質なダイニングタイムをお楽しみ頂ける静かなお店です。北海道各地の日本酒や焼酎とともに、北の味覚を存分にお楽しみいただけるグランドパーク小樽自慢の隠れ家的レストランです。
重厚な扉を開けると広がる、大人のための静かなダイニングスペース
重厚な扉の向こうに広がる静かなダイニングスペース。木の素材感を活かした北海道ならではの設えは、道産の食材を用いたお料理をお召し上がりいただくのに相応しい温もりある空間を演出しています。鉄板シェフによる豪快なパフォーマンスを見ながらお食事をお楽しみいただける半円形の鉄板焼カウンターは、大切なお客様をおもてなしするのに最適なスペースです。また、掘りごたつ式の個室も2室ご用意しておりますので、ご結納やフォーマルな会食などにもお使いいただけます。
こだわりの料理長・堤要人が手がける多彩で繊細な和のテイスト
“料理は笑顔で作る”がモットーのこだわりの料理長・堤要人。京都祇園でスタートさせた料理人人生の粋を集めた繊細な「和食会席」、お箸でお召し上がりいただく粋な「洋風会席」、豪快なお料理とともにシェフとの会話が楽しめる「鉄板和会席」、そして、塩分や脂分の摂取を制限していて外食を控えている方にもお召し上がりいただける「食事制限用メニュー(和食会席)」など、堤要人が提案する多彩な「和」のテイストをお楽しみください。
道産食材が存分に堪能できる、完全予約制の確かなサービスと静かな空間
小樽自慢の海の幸と山の幸を彩りも鮮やかにふんだんに盛り込んだ会席料理やアイディアたっぷりの斬新なお料理をご用意しております。新鮮な魚介や野菜、白老牛などを目の前で豪快に調理する鉄板和会席では、素材自体の旨みを活かす鉄板シェフの技にもご注目ください。北海道の大自然が育む大地や海の恵み、生産者の心を形にした四季それぞれの食材を、グランドパーク小樽ならではのインターナショナルなアレンジでお楽しみください。


日本料理 隨縁亭/ホテルモントレエーデルホフ札幌(ニホンリョウリ ズイエンテイ)
ホテルモントレエーデルホフ札幌13階の日本料理店「隨縁亭」。日本料理の枠を京都で極めた料理長が四季折々の素材に北海道、京都より仕入れた食材を融合させ素材同士の一期一会を生み出します。お酒も北海道の銘柄の日本酒を中心に取り揃えている他、本格焼酎やワインもお料理と共にお楽しみ頂けます。
中庭の楓の木が季節ごとに装いを変えて楽しませてくれます
「ホテル外観」時はさかのぼり十九世紀末のウィーンへ、この地を舞台に繰り広げられたヨーロッパ文化史に名を残す、あの歴史的新時代到来への息吹“ウィーン世紀末”そんな時代にタイムスリップした気分であなただけの素敵な時間をすごしてみませんか。「店舗内観」吹き抜けの開放感、13階ホールで味わえる四季の移ろい。中庭の楓の木が季節ごとに装いを変えて楽しませてくれる。式場では神前結婚式に臨み、同席の親族、親友とその場で宴を催すには絶好の立地。特別な時間を過ごせる空間。
道産食材と京都産食材の融合、他には無い“隨縁亭スタイル”の日本料理
料理長が厳選した季節の食材を使った一品や会席が楽しめる。道産食材に料理長独自のルートで仕入れる京都産の野菜や調味料を合わせて素材の持ち味を最大限に引き出し一期一会の一品を完成させます。食の宝庫と呼ばれる“北海道”の新鮮な野菜や魚介類に伝統の京野菜や調味料を加え、京都で培った技術を駆使し仕上げる料理はまさに絶品。
旬の美味しさと美酒に酔いしれる四季を五感で感じていただきたい
“地産地消”の考えを基本とし、北海道の新鮮で元気な野菜や魚介類を中心に使用した料理を提供しております。会席料理ではお造りには北海道の旬の魚介類、御椀の出汁には京都より直送の“しび鮪節”、煮物には伝統の京野菜 賀茂茄子と道産牛の炊き合わせなど、“北海道×京都”の組み合わせをお楽しみいただけるのも日本料理「隨縁亭」の魅力の一つです。北海道の四季と共に素材を活かした旬の味覚をお楽しみ下さいませ。