日頃の疲れをとるための温泉地への一人旅なのに、 食事の際、大広間などで団体客と一緒になり、人目が気になり落ち着かなかったってことはありませんか?癒しを求めて、食事部屋出し温泉一人で宿泊にこだわり、一人旅でリラックスするための情報を掲載します。

一休.comレストラン(京都府)

このページはアフィリエイトプログラムを利用した一休.comレストランの紹介ページです。


一休.comレストランは、ワンランク上のレストラン予約ができます。地域やジャンルからカンタン検索、ネット予約。一休だけの限定メニューやお店・メニューの写真・利用者の感想などレストラン情報満載。記念日ディナー、接待に是非ご利用ください。


京都府のエリア


祇園・東山・岡崎  河原町・木屋町・先斗町  烏丸御池・四条烏丸  京都駅周辺・五条  嵐山・貴船・京都郊外  二条城・西陣・京都御所  北区・上京区 

京都府のレストラン一覧


烏丸御池・四条烏丸



日本料理・天ぷら割烹 嵯峨野/ホテル日航プリンセス京都
料理の中に造りだした日本の四季。旬の食材を用いて一つ一つの器の中に、移ろいゆく季節の彩りを演出いたします。ひと手間ふた手間をかけた調理法で、食材の美味しさを最大限に引き出し、きめ細かいサービスのもと、お客様にはゆっくりとお食事をお楽しみいただくことを心掛けています。店内には掘りごたつ式の座敷と、テーブルの個室を完備しており、一般的なお食事の他、冠婚葬祭やご接待などにも最適な空間をご提供いたします。
京の風情を感じながら季節感あふれる料理をご堪能
見た目も美しく、四季折々の旬の食材を用いた季節感あふれる料理を、工夫を重ね、地元のお客様をはじめ、海外のお客様にご提供しております。また、日本料理には地元京都の地酒をおすすめします。
揚げたての天ぷらとお酒に合う一品料理が自慢
日本料理と同じ店舗内に店を構える天ぷら割烹嵯峨野は、明るい店内で檜造りのカウンターが高級感と木のぬくもりを感じることができます。天ぷらのタネは、定番の車海老や穴子などの魚介類をはじめ、季節ごとに旬の味が楽しめる野菜が中心です。天ぷらはお値段が高いイメージがありますが、ランチ限定で各種丼もお召し上がりいただける他、揚げたての天ぷらコースがリーズナブルなお値段でお楽しみいただけます。割烹料理では、焼き物・煮物などの一品料理や、握り寿司もお召し上がりいただくことができます。


カフェ&ダイニング アンバーコート/ホテル日航プリンセス京都
カフェ&ダイニング アンバーコートは、手軽なアラカルト料理からフレンチコースまで、幅広くお料理をお楽しみいただくことができます。
シェフの食材へのこだわり
フランスの二つ星レストランで修業を積んだ経験を生かし、風味豊かな味わいの中に、見た目も美しくひと皿ひと皿の盛付にもシェフの感性も感じていただくことが出来ます。
上質な空間を演出するアイテム
上質な料理に合うワインをお客様のお好みに合わせてセレクトいたします。


京料理 山鉾町 齊 阿うん(キョウリョウリ ヤマボコチョウ セイアウン)
こだわりの京料理と舞妓さんがおもてなし。お店は京都四条烏丸、山鉾町に位置しており、町家の風情を残した店内はうなぎの寝床の深い奥行きで、歴史を感じることができます。 お料理に関しても、旬の食材にこだわった京都のお料理をご提供。会席料理コースはご予算に合わせてお選びいただけます。 京都の春夏秋冬を「斎 阿うん」で味わっていきませんか?季節感を大切に、見た目にも美しいお料理でおもてなしいたします。落ち着いた和の空間で、こだわりの京料理と舞妓さんをお楽しみください。
全室掘りごたつ式の落ち着いた空間
四条烏丸から歩いて数分。そこには温かく灯る提灯と石灯籠が目印の京料理「斎 阿うん」があります。店内は、カウンター席と個室からなり、個室は全室掘りごたつ式の落ち着いた空間。カウンター席はお一人様でもお気軽にご利用ただけます。くつろぎの和の空間で、こだわりの京料理と舞妓さんをお楽しみください。
四季折々の京料理
「斎 阿うん」では京料理に特化したお食事を提供しております。質の高い京野菜、京都京丹波町のお米、京野菜、四国の魚、京都産牛など、京都産素材の“安心・安全”をモットーに、こだわりの食材を使用しています。四季折々の京料理を是非お楽しみ下さい。


柊家旅館(ひいらぎやりょかん)
文政元年(1818)の創業で、木造2階建て数寄屋造りの本館(旧館)と2006年に完成した鉄筋3階建ての新館からなる全28室の和風旅館です。「来者如歸」のこころに則り、お客様にはご自宅に帰ったようにお寛ぎ頂けるよう、控え目できめ細やかなおもてなしを心がけております。夕食の懐石料理は四季それぞれの食材を生かし、選び抜いた器に盛り付け、目にも楽しいお時間をお部屋にてお過ごし頂けます。
玄関に足を踏み入れた瞬間から始まる至福の時間
交通量の多い御池通や麩屋町通に面する街中にありながら、玄関に一歩足を踏み入れると創業当時の面影を残す内玄関がお客様を静かに迎えます。お部屋は文政元年1818年当時のままの最も古い一角から、2006年に新しく完成した新館の客室まで、さまざまな時代の雰囲気を感じて頂けるようにしております。
京都の風情に抱かれつつ懐石料理を堪能する
柊家の懐石料理は食材の風味を活かし、優しさの中にも芯の通った味を堪能して頂けるよう心がけております。四季折々の旬の食材を吟味し、色、形それぞれの器に盛り付け、最高の状態で一品ずつ供することによって、季節の移ろいを五感で感じて頂く、それがおもてなしの心の一つと考えております。
「来者如帰」が表すおもてなしの心をもってお客様をお迎えいたします
玄関の扉をくぐり、内玄関を通って上り框で靴を脱ぎますと、目の前に「来者如帰」の額が現れます。「来る者帰るが如し」。つまりご自分の家に帰ってくるようにお寛ぎください、という私どものおもてなしの心を表しております。お客様には自然にゆっくりとお寛ぎ頂けるような控え目なおもてなしを心がけております。


Ristorante-TantoTanto(リストランテ タント タント)
「イタリアの食文化を提案する」をモットーとして創業以来約30年余、京都で多くのお客様に御支持いただいております。本場イタリアの味を尊重し忠実に再現するも、食材に関してはスローフードの精神にのっとり、地元のものにこだわり季節感とイタリア各地の郷土料理を各シーズンその月に応じて提案しております。そして同店近くにワインバー、トラットリア・ピッツェリアもございます。イタリアの食事スタイルとTPOに合わせてお楽しみください。併設のワインショップでは、自社所有の葡萄畑のワイン、輸入食材など取り揃えております。
モダンながらも町並みに調和する外観
1700年代から現存する土蔵を所有する町屋。大人の楽しめる食事スペースとして、京都出身のシェフオーナーがこの町屋を選びました。当時を彷彿とさせる風格ある構造を残しつつ、現代の香りを取り込んだ改装をすることで、歴史有る京都の町並みとも調和しています。町屋再利用ブームの火付け役とも言われています。
イタリアの表現とリンクする、季節の素材と京都ならではの食材のコラボレーション
季節の素材と京都ならではの食材のコラボレーションが、見事にイタリアの本場の味を表現します。イタリア・フランス・スペインなどの各国のワインに合う料理。雰囲気のある日本家屋の中でお召し上がりください。
こだわりのワインと楽しむイタリア料理
「うなぎの寝床」と呼ばれる店内には、1700年代の土蔵があります。 吹き抜けの入口を歩み600本のワインコレクションセラーを配された最初の客席ホールを奥に進むと、 坪庭を望みながらゆっくりとくつろいで頂ける食事の出来るスペースがあります。こだわりのワインと共に本場イタリアの料理の味をお楽しみください。老若男女、皆様に歓びを味わって頂くために、誠心誠意、心をこめて皆様方のお越しをお待ち申し上げます。パーティ・会合などのご要望にもお答え致します。


すし稲(スシイナ)
COCON烏丸地下にある「すし稲」。皆さまに寿司屋の暖簾をもっとお気軽にくぐっていただきたい。そういう想いで、すし稲ではにぎり寿司、お酒にあう一品など全てのお料理を明朗会計にてご提供いたしております。四季折々の素材をふんだんに使用する寿司と一品料理を気軽にお楽しみください。
木の温もりと清潔感のある店内
木の温もり感じる店内は様々なシーン合わせ幅広くご利用いただけるよう、カウンター席、テーブル席、個室席を準備しています。カウンター席では目の前に並ぶ旬の食材と板前との会話をしながらお楽しみいただけます。ご家族やご友人と気兼ねなく楽しい会話をお楽しみになりたいときはテーブル席へ。個室は接待や商談など大切なお客様をお招きする場所としてもご活用ください。
“今がまさに旬”のネタや新鮮で活きのいい食材をご堪能ください
本当に旨い寿司を味わっていただくため“まさに旬”の食材を日本各地から厳選入荷しています。皆さまに寿司屋の暖簾をもっとお気軽にくぐっていただけるようにぎりを始め、お酒にあう一品料理などすべてを明朗会計でご準備しております。開かれたおもてなしの心で皆様をお出迎えいたします。


炭屋旅館(すみやりょかん)
大正初期から麸屋町三条に佇まいを残す本格的な数奇屋造りの名旅館です。お茶の心を懐石に生かし、一品一品お部屋までお運び致します。季節の素材を生かした料理にきっと御満足いただける事と思います。
京都の町中とは思えない静けさをたたえる数奇屋造りの名旅館
京都の碁盤の目の中心部にありながら、昔も今も変わらぬ佇まいがうれしくて、何度となく訪れるお客様も多くおいでになります。数奇屋造りの客室には、炉が切られ、いつでも茶室になる様に造られています。また、すべての客室が季節の掛物・花で飾られ、風趣豊かな坪庭がほっと落ち着き、いつもの忙しい日常をふと忘れさせてくれます。
京料理の粋を集め、茶道の懐石料理にならう絶品です
新鮮な京野菜の数々。例えば加茂茄子・聖護院大根・近江蕪・長岡の筍をはじめ、丹波地山の松茸・しめじ・生椎茸・嵯峨豆腐・生湯葉・生麩等を使い、また瀬戸内海や日本海の生鮮魚介類をふんだんに使い、熱い料理は熱いうちに、冷たい料理は冷たいままにお客様のお部屋まで一品一品お運び致します。よく日本料理は耐える楽しみと見る楽しみがあると言われますが、料理を盛る器は全て清水焼であり、更に落ち着いた座敷でゆっくりと味わう事が出来るのも炭屋の魅力の一つです。
茶の湯を愛した先代から伝わる茶のおもてなしの心そのままに宿のひと夜を味わえる旅館
茶の湯を愛した初代と先々代の月命日にあたる毎月7日と17日の夜には、茶室に釜を懸け、お客様をもてなしています。代々受け継がれてきた茶道具を生かそうと、季節の取り合わせも愉しく様々な趣向の茶事・茶会も催され、全国から茶道を通じてのお客様も多いです。茶の湯の心でおもてなし。いつまでも伝えていきたい日本の心です。


サンタ・マリア・ノヴェッラ・ティサネリーア京都(サンタマリアノヴェッラ ティサネリーアキョウト)
フィレンツェの老舗ブランドと京都の出会いから生まれた、京町家リストランテ。 滋味豊かな京野菜、そんな奥深い京都の食材をイタリア料理の一流の技と感性で活かすリストランテが、サンタ・マリア・ノヴェッラ・ティサネリーア京都です。 よりすぐりの地産食材や天然ハーブと融合したお料理で世界にふたつとない、優しく心豊かな美味しさをお楽しみ下さい。
烏丸四条からほど近い、雰囲気たっぷりの京町家
京町家の佇まいが随所に感じられる店内。ゆったりおくつろぎいただけるテーブル席と、 シェフとの会話を楽しみながらお食事できるカウンター席をご用意しております。 大切な方と、ご家族と、雰囲気を味わいながらお食事をご堪能頂けます。
新鮮な京野菜を使用 京都の食文化とイタリアンの融合をお楽しみ下さい
多彩な四季と盆地風土が育て上げるひときわ地味豊かな京野菜。そして、古都の感性に磨かれた伝統の食材の数々。 京都が世界に誇る食文化は、自然への愛と、進化の努力の賜物です。 そんな奥深い京都の食文化が、イタリア料理の一流の技と感性で活かされたリストランテが、サンタ・マリア・ノヴェッラ・ティサネリーア京都です。 世界にふたつとない、優しく心豊かな美味しさをお楽しみください。



ラ ポルト ド ヴェリテ(LA PORTE DE VERITE)
店名の【LA PORTE DE VERITE】とはフランス語で『PORTE ポルト』は『扉』、『VERITE ヴェリテ』は『真実』、『真実の扉』という意味です。『真実』は食がもたらす「健康・美・幸福」を心をこめた料理とおもてなしの心で表現し実感していただく事だと考えております。産地・生産者にこだわりシェフ自らが厳選した素材そのものの持ち味を活かしながら、伝統的なフランス料理の技法から外れる事無く、本当に美味しいものをおもてなしするよう心がけております。
町家が立ち並ぶ六角通りに南仏を思わせる地下へと続く階段が・・・
町家が立ち並ぶ六角通りに南仏を思わせる地下へと続く階段があります。店内は白を貴重とした清潔感のあるスタイリッシュモダンな雰囲気。女性を一際キレイにするライティングにも定評があります。お席はゆったりした間隔で配置されており、大切な人との記念日にもピッタリです。また最大10名様までご利用頂ける個室もあり家族とのひととき、またビジネスシーンでもご利用いただけます。非日常をおくつろぎいただける『オトナの隠れ家レストラン』です。
伝統的技法を忠実に守りながら、季節の新鮮な素材を五感で楽しませます
オーナーシェフ/澤西 昭次
都ホテル(現ウエスティン都ホテル京都)を経て、初渡仏。その後日本とフランスを行き来し、国内外で研鑽を積む。
〜日本〜 都ホテル フレンチレストラン「エスポワール」・ウエスティン都ホテル京都 レストラン「アクア・ブルー」初代シェフ就任
〜フランス〜 「ウストー・ドゥ・ボーマニエール」・「ル・グラン・ヴフール」・「ロワイアル・グレイ」・「ル・ジャルダン・デ・サンス」・「シャトー・コルディアン・バージュ」など。
ヘルシーでカラダに優しいメニューで内面からの美を追求
『医食同源』の観点より低カロリーでヘルシー『カラダに優しい』コースメニューを主体とし、『内側から溢れる美』を追求してまいります。高知沖より毎日直送される新鮮な魚介類や、香り豊かなフレッシュハーブを使用した『ガーデンサラダ』等、視覚・味覚など五感で感じるフランス料理を提供いたします。



河原町・木屋町・先斗町



幾松(いくまつ)
約二百年前から東山三十六峰を臨む鴨川畔に建つ当館は、長州藩控屋敷跡として数々のエピソードが残る明治維新の舞台です。中でも後に正妻となられる芸妓幾松が恋人桂小五郎を新撰組の追跡から命がけで守った逸話は幕末史を彩るあでやかな歴史です。そのような歴史を背景にいただく京料理はまた格別でございます。四季折々の旬の味をお楽しみ頂きつつ、幕末にタイムトリップ、先人の志に思いをはせてみてはいかがでしょうか。
細い露地をたどると、二百年前の佇まいをそのままに重厚な玄関からお客様をお迎えします
繁華が木屋町通りにあっても、御池通りを上るとそこには大人の風情漂う上木屋町。その通りに玄関を開き、細い露地を通り抜けると、幕末維新の歴史を背負う建物が姿を現します。本玄関を上がり、中庭の鯉を愛でつつ、幾松の間にお通りいただくと幕末の世界にタイムトリップ。お部屋からの眺望は東山三十六峰を一望できるお部屋、中庭を眺む、ひっそりとした小部屋等様々です。ご人数、お好みによってご指定下さいませ 。
四季折々の旬を大切にした正統京料理の伝統の味
食材は全て産地指定のものを使用しており、献立にも、食材の産地は明記してございます。お料理は、伝統的な京料理でありながら、五感に訴える新しいセンスを加味しつつ何よりも旬を大切にしております。もちろん、苦手な食材などはあらかじめお伝えいただければ、配慮いたします。セミベジタリアンのコースまでは対応可能です。また、慶弔 、記念日などお客様の特別の日のため演出もご相談くださいませ。


先斗町 Italiana SAGRA(ポントチョウ イタリアーナ サグラ)
先斗町 Italiana SAGRA(イタリアーナ ザグラ)は歴史ある京都の先斗町で、鴨川を見ながら上質な素材を味わう最高のひとときをお過ごしいただけるイタリア料理店です。 ご提供させていただくお料理は、イタリア各地の伝統料理をベースに、シェフの創造力が加わり、そのバランスの中から生まれる「今、食べたいイタリア料理」を目指しております。 お客様の笑顔に出会う為の最善こそが私たちの料理に対する信念です。
昼間は光があふれ 夜は祇園の景色を映す鴨川を眺める贅沢な空間
京都の情緒を肌に感じる場所「先斗町(ぽんとちょう)」の石畳を少し歩くと、そこにイタリア料理「先斗町 Italiana SAGRA」はあります。 鴨川に面した大きな窓からは、昼間はあふれんばかりの光と川のせせらぎを、夜は暗がりに京都祇園の景色を映し出す鴨川を眺めながら、お寛ぎ頂けます。 贅沢な空間で流れるゆっくりとしたお時間を、厳選したワインやお酒、お食事と共にお楽しみ下さい。
「今、食べたいイタリア料理」を目指しております
イタリア各地の伝統料理をベースに、シェフの創造力が加わり、そのバランスの中から生まれる「今、食べたいイタリア料理」を目指しております。 旬の食材を活かしたシンプルな調理を心がけ、一皿一皿を構成して参ります。 お客様の笑顔に出会う為の最善こそが私たちの料理に対する信念です。


CAMERON(キャメロン)
阪急河原町駅より徒歩7分、学校歴史博物館の向かい側にある当店。明治初期の京町家を斬新な感性で現在に再構築した店内は、上品ながら居心地の良さを持ち合わせています。料理は和とフレンチを絶妙にクロスオーバーさせた、当店でしか味わうことが出来ないものばかり。コース料理はその季節毎の旬を大切にし、最後までお楽しみ頂けるよう味付けやバランスを吟味しております。マニュアルを超えた最高のサービスでお待ちしております。
明治初期の京町家を斬新な感性で現在に再構築した店内
阪急河原町駅より徒歩7分、学校歴史博物館の向かい側にある当店。白を基調とした本館ホールは、イタリア製のファニチャーと融合させた居心地の良い空間。ウエディングなど大人数でのパーティでもご利用いただけます。変わって2階のお座敷は純和風。あらゆる年代のお客様でも安心してご利用いただけます靴を脱いでおくつろぎいただけ、少し高めの座椅子は座り心地も抜群です。その他にも、大きなソファでゆったりとお過ごしいただけるカップルルシートのご用意も。暗めの照明で雰囲気も抜群です。
春夏秋冬の季節を感じさせるお料理
当店では旬の極上素材をお出ししております。季節に応じて、移り変わる野菜たち。同じ野菜でも季節によって味わいが異なります。魚介類は、毎朝、市場から仕入れる新鮮な魚を料理長自ら選んだ活きの良い魚を捌きます。そんな極上素材を使用した料理をご提供。ジャパンテイストをアーティスティックにアレンジした創造性豊かなお料理をご堪能ください。
マニュアルを超えた最高のサービス
私達が目指しているものはお客様全員に最高級のサービスという感動を提供し続けることです。だから私達はお客様を必ずゲスト(招待者)とお呼びします。ゲストに対して最大の敬意を表し、最大のおもてなしをいたします。だからすべてのゲストに平等であり、すべてのゲストはVIPなのです。CAMERONは永遠に完成しません。ここは新しい感動を創り続ける空間であり、私達はその機会を捜し求め、常に心を配り続けます。 そんな姿勢の延長上にマニュアルを超えた最高のサービスがあると考えています。


かわら林(カワラバヤシ)
東山並みと鴨川が一望でき京都さながらのロケーションをお楽しみ頂きながら、京懐石とすっぽんのコース料理をご堪能頂けます。京料理もすっぽん料理も手間と時間を惜しまず技を凝らした、本物の手作りの品々です。素材は国産のものだけを使用しておりますので、安全・安心してお召し上がり下さい。
東山並みと鴨川を一望 高瀬川のほとりのこぢんまりとしたお店です
高瀬川ほとりにひっそりと佇む、落ち着いた雰囲気のお店です。窓からは東山並みと、鴨川を一望でき、京都さながらの景色をお楽しみ下さい。こぢんまりとした店内には、カウンター席とテーブル席をご用意。皆様でのちょっとした会食などでは、個室もご利用頂けます。夫婦で営むアットホームかつ優しい雰囲気を大事にしておりますので、皆様でぜひお越し下さいませ。
前菜から全てを手作り 奥深い京料理とすっぽん料理をお楽しみ頂けます
京懐石では、箸割りから漬物、水菓子まですべて自家製となっており既製品を一切使わないという店主の心意気を感じて頂けます。新鮮な素材を使用し、一手間工夫を凝らしお出しすることを心がけております。素材の切り方、調理の仕方など、お客様の目にも喜んで頂けるような見た目となっており、一品一品に込められた京料理の加工技術をご堪能頂けます。
京料理としての“すっぽん料理” あっさりとした味と様々な調理方法
すっぽんはコラーゲン・不飽和脂肪酸・ミネラルを多く含み、美容・滋養に良い食品で、すっぽんのお鍋(丸鍋)は古くからお鍋料理の王様と賞されています。かわら林のすっぽんこーすはどなたにも召し上がり易いように、あっさり仕立てでとても美味です。こーすは6,600円から3つご用意しており、お好みに合わせてご選択頂けます。また、すっぽんを初めて試したいという方は、ランチでもすっぽんをお楽しみ頂ける御膳をご用意しております。あっさり、そして風味深く、後を引くお味をお召し上がり下さい。


温石 左近太郎 本店(オンジャク サコンタロウ ホンテン)
幕末の頃より栄えた上木屋町界隈、往時の風情を今なお残すそんな街並みに軒を連ねる私どもは、かつて料理旅館であった京町屋を改装・復元した京情緒溢れる佇まいと、京都の伝統に裏打ちされる技術に基付き京の素材を要所要所にちりばめた、和洋折衷の創作会席のお料理の味わいをご用意しております。店名につく“温石”の由縁は、修業中の禅僧が寒さと空腹を凌ぐため懐に温めた石を入れたという所から来ております。私どもこの温石のように、お客様の心をほんの少しでも温められるようなお店を目指し皆様をお待ちしております。
元料理旅館の京町屋を改装・復元し京情緒あふれる佇まい
高瀬川の一乃舟入や高瀬舟を眺めながら木屋町通りを歩くと全面船板で仕上げた京町屋の左近太郎が見えます。お店の横の路地を通り、玄関の引き戸を引くと、「おいでやす…」の声と共に見事に苔の付いた坪庭がお出迎え。店内は本格数寄屋造りのお座敷広間や掘り炬燵の小間、40名様まで収容可能なテーブル椅子席など、どの部屋も京への拘りが随所にうかがえます。ご家族・お友達との会食は勿論、ご接待や御顔合わせの大切なお席など、また大人数様でのご宴会まで色々なシチュエーションでお楽しみ頂けます。
京の歴史と伝統に裏打ちされた、折衷創作料理の数々
当店のお料理は、京料理をルーツに、京都の食材を随所に散りばめた和洋折衷の創作会席料理で御座います。四季の移ろいと共に、その時期その時期の旬の食材を取り入れ眼でも舌でもお楽しみ頂けるお料理をご用意させて頂いております。コースは3000円からとリーズナブルで、逸品料理も30品以上と豊富に取りそろえております。また、京の地酒はもとより、各地の日本酒や焼酎・ワインなどお料理に合わせたお飲み物もお楽しみいただけます。 春夏秋冬、その時期時期の左近太郎の味わいを是非お楽しみ下さい。
お客様の笑顔が、私ども左近太郎の元気の根源です
私ども左近太郎は、第一に、今ここにご来店頂いたお客様に一つでも多くの笑顔をお作り頂けるよう、調理場・接客サービス共に日々精進致しております。今日のお客様の笑顔が明日の私どもの元気とやる気、また、お店の活気へとつながり、次の笑顔を作り続けられる。そんなお店を目指してスタッフ一同心よりお客様との出会いをお待ちしております。


Jumelles 29(ジュメル ニジュウク)
プロの料理人たちが通う京都の隠れ家フレンチレストラン「ジュメルニジュウク (Jumelles 29)」。フランスの2つ星レストランで修行した上章シェフが、カウンター越しの目の前でお腹いっぱいになるフレンチを提供します。
明るくオシャレな雰囲気のお店
阪急河原町と地下鉄烏丸駅にほど近く、大通りの喧騒から少し離れた所にあるため、ゆっくりくつろいでいただくにはベストな立地です。町家の雰囲気を残す外観、店内は明るくオシャレな雰囲気。1階はカウンター席とテーブル席。2階フロアにはテーブル席を配置しています。
今日のお客様を最高の料理とワインでおもてなししたい
メニューは、素材の持ち味を最大限引き出し全てを手作りすることをモットーとしたフレンチアラカルトです。旬の素材にこだわり、メニューはたえず変化していきます。でも、値段はリーズナブル。毎日食べて頂いても安心できる価格に設定しました。料理の特徴のひとつは、シェフがフランス・カンヌで修業した、ミシュラン二ツ星レストラン「Moulin de Mougins」で身につけた肉料理たち。ハムやソーセージなど手のかかる燻製も一つずつお店で仕上げています。旬の京野菜と岡山県産の自家製野菜を使った煮込み料理やサラダもおすすめです。
料理長 村上 章 (AKIRA MURAKAMI) プロフィール
1972年2月生まれ 岡山県出身高校卒業後、様々なホテルフレンチで基本スタイルを身につけ、滋賀、京都・祇園のフレンチレストラン「フィリップオブロン」で修行。さらにフレンチを極めるため単身渡仏。南仏の星付きレストラン「Moulin de Mougins」、リヨン「nicolas le bec」を得て帰国。京都・ラヴァーグ、SEKAIYA店長後、独立。


ステーキ・鉄板焼 みくら(ステーキ・テッパンヤキ ミクラ)
A5ランクの国産黒毛和牛や最高品質オージービーフ(ロンググレイン)、シーフードを目の前の厚さ6cmの鉄板でダイナミックに焼き上げます。京都・先斗町、鴨川沿いで19年、平成23年7月にリニューアルオープン。ステーキハウスという堅苦しいイメージではなく、お客様の笑顔・スタッフの笑顔に溢れる楽しいお店を目指しています。
比叡山山系を望みながら優雅に食事を
先斗町三条、歌舞練場の三軒南に佇む、ウッドデッキの奥まった白いビル、先斗町ビルの三階に「みくら」はあります。エレベーターで三階まで。木目調のフロアに黒を基調したシックな壁紙。店内にはゆったりとスペースを確保した6名・8名掛けのカウンターが二つ。比叡山山系が望める窓側のお席では、お盆には大文字焼きもみられます。
旬の京野菜や厳選A5ランクの国産黒毛和牛を、厚さ6cmの鉄板で
旬の京野菜で作るスープや焼き野菜、厳選した海鮮の鉄板焼きも魅力。A5ランクの国産黒毛和牛フィレは産地にこだわらず、その日に入る最高のものを厳選しています。時に北海道や東北、時に九州と、品質は最高のものを保ちながら毎回違った産地のお肉を楽しんで頂けます。サーロインはこだわりの京都和牛。脂の質がサッパリとしているのでいくらでも食べられます。最高品質オージービーフはロンググレイン、つまり最長肥育のものしか扱わず、しっかりとしたお肉の味とジューシーさと柔らかさを堪能して頂けます。
アットホームで楽しいステーキハウスを目指しています
鉄板焼き・ステーキハウスは固い・緊張するイメージが多少あると思いますが、「みくら」ではアットホームで楽しいステーキハウスを目指しています。女性スタッフも在籍しているので、女性同士のお食事にも気軽にご利用頂け、また男性同士のお食事にも華が咲きます。賑やかとまではいきませんが、気さくに最高品質のステーキ・鉄板焼きを楽しんで頂けます。


京料理 入舟/京都ホテルオークラ(きょうりょうり いりふね)
京料理「入舟」は、高瀬川沿いに位置しており、高瀬川とは慶長16年頃、京都の中心部に物資を運び入れる為、角倉了以が開いた運河で、ここを通行する高瀬舟の荷物をあげおろしする船溜場を船入と言い、そこから京料理「入舟」は名付けられました。京都市内の中心部に位置し、ホテルの6階と言う立地でありながら、情緒溢れる日本庭園・東山の借景を眺めながらの、本格的な京料理をたっぷりご堪能いただけます。懐石料理やお寿司、一品料理まで幅広いメニューをご用意しております。どこまでもこだわりを追求した京の味をご賞味下さい。
枯山水の庭園と本格京料理
お出迎えは、鞍馬石で造られた橋を渡り、目の前に広がる枯山水を眺めながら料理長自慢の京ならではの本格京料理をご堪能戴けます。また、お祝い・法要などでご利用頂ける、個室のご用意もございます。個室は2名様からご利用頂ける小さなお部屋から最大20名様までご利用頂ける個室をご用意しております。畳のお部屋にテーブルと椅子をお入れする事も出来、足の不自由なお客様にもご好評いただいております。お寿司カウンターもご用意しております。
選び抜かれた旬の食材が、料理長の手によって生まれ変わる瞬間を・・・
季節感溢れる色とりどりの食材が色づき始め、見る見るうちに変わりゆく魅力ある料理。一つ一つ心を込め仕上げていくお料理は皆絶品です。落ち着いた雰囲気の中、おもてなしの心に徹した、サービスは京都ならではの心安らぐひと時です。想像力豊かな料理長は、旬の素材を活かし、身体にやさしい京料理を追求し、日々お客様の心をつかめるよう一品・一品に真心を込めて仕上げております。是非、時間を忘れられる京の安らぎの場、京料理「入舟」へ。


京料理 竹島(キョウリョウリ タケシマ)
明治30年、旅館として創業。東に鴨川、西に高瀬川が流れ、春は高瀬川の「桜のライトアップ」、夏は川床も楽しめます。風雅な割烹で、旅館時代には愛された清水焼の名器で四季折々の京料理をお楽しみいただけます。
東に鴨川 西に高瀬川 京都市役所前と三条から徒歩5分以内でアクセス可能です
鴨川と高瀬川の挟まれた木屋町の、いかにも京都らしい細長い造りのビルの1階が「京料理 竹島」です。春は高瀬川の桜並木のライトアップを愛でながら、5月から9月は鴨川沿いの川床で涼みながら、京都の四季折々を感じながら京料理をお楽しみ頂けます。
京都の豊かな四季に合わせたこだわりの京料理 「鱧」は年中お召し上がり頂けます
京料理の伝統を守りながらも、中華や洋食のエッセンスを加えたプリフィクス会席をご用意。先付・八寸・向付・蒸し物・炊といった格式をご提供しながら、旬の素材を使った魚料理・肉料理・天ぷらの中からお選び頂けます。また、料理・飲料に使用する水は、すべて「周山の湧き水」を使用しています。また、塩は 厳選した天日干しのみを使用しています。さらに鱧を年中お召し上がれるよう、夏は鱧の鉄焼、冬は鱧と牡蠣の巴鍋をご用意致しております。



祇園・東山・岡崎



岡崎 つる家(おかざき つるや)
岡崎つる家は、昭和天皇の即位の大礼が京都御所で行われた際に、その準備のための宿として昭和3年(1928)に開業。以来、数多くの文人墨客をはじめ、世界の要人、政財界人をお迎えしてまいりました。日本ならではの旬の美味と空間美、楚々としてしなやかなおもてなし。すべてに、そのすみずみまでに、この上ない贅を極めた日本料理つる家。玉砂利を踏み表門をくぐった瞬間から秀麗なる時間が、幕を開けます。贅を尽くし、心を尽くす。京都ならではの、和のくつろぎの極みをご堪能いただいております。
東山山麓を借景に近代数奇屋造りと日本庭園が織りなす精華きわまる美景
建物は、近代数奇屋建築で文化勲章を受章され、昭和初期から数寄屋造りの変革に取り組まれ、現代数寄屋造り建築手法を先駆的に開拓された建築家でございます。また、庭園は明治・大正時代に名を馳せた作庭家加藤熊吉氏による、東山連峰を背景にした築山林泉様式の借景庭園でございます。琵琶湖の疎水を活かし伏石を配した大らかな造景。水浴びに訪れる野鳥も庭を彩る風物詩のひとつです。
創業100周年、守り続けてきた伝統の技と真心の日本料理
四季折々の新鮮な海山の幸を、名産地から取り寄せ季節感や趣向を盛り込みながら、その持ち味を最大限に活かして、磨き上げられた伝統の技と心で、丹精込めて調理しています。
国賓も多数訪れる、京都有数の庭園を擁する数寄屋造りの料亭です
東山山麓を借景に、水量豊かに恵まれた泉水は、琵琶湖より疎水の水を引き込んでいます。小魚が踊り、大きな鯉が悠々と泳ぎ、小鳥達が水辺に遊んでいる様子は、さながら山水画を見ているようでございます。
私共つる家は、おもてなしの心を大切に持ちつづけ開業以来、皇族方、政財界はもとより各界の方々よりご贔屓にあずかり、海外からは、イギリスのエリザベス女王陛下、故ダイアナ妃、アメリカのブッシュ大統領等、数々の国公賓の方々にご来店賜り今日までご愛顧いただいております。


THE GRILL/ハイアットリージェンシー京都(ザ グリル)
季節ごとの新鮮な素材の持ち味を最大限に生かし、薪のオーブンを備えたショーキッチンでシンプルかつダイナミックに調理した正統派グリルをご提供いたします。
極上の肉、新鮮な魚介類を薪のオーブンでシンプルかつダイナミックに
季節ごとの新鮮な素材の持ち味を最大限に生かし、薪のオーブンを備えたショーキッチンでシンプルかつダイナミックに調理した正統派グリルをご提供いたします。
レストランはコンテンポラリーなインテリアで統一され、室内から臨む日本庭園では京の二四節を彩る木々がいっそうお食事を趣あるものに演出します。心安らぐ一時をお過ごしください。
Restaurant “THE GRILL”のコンセプト
それはウッドバーニングオーブンを使用したシンプルな調理法で素材が持っている味を最大限に引き出した空間。

自然光を感じながら、開放的な“空間”の中で、お皿の上で季節を感じて頂けるメニュー構成を心掛けております。


リヴ・ゴォシュ(Rive gauche)
平安神宮や京都市美術館、フジタホテルやホテルオークラからも程近い、閑静な場所にある小さなフレンチレストラン、リヴ・ゴォシュ。2009年にリニューアルオープンし、より心地よくお寛ぎ頂ける空間に生まれ変わりました。食の安全・召し上がる方の健康にも配慮されたこだわりの厳選素材で、丁寧に作られたオリジナリティ溢れる料理には、地元の京野菜が鮮やかな彩りを添えています。一皿を仕上げるまでの全ての工程に心を込めて作られた本格フランス料理を、気取らない雰囲気の店内でお楽しみ頂けます。
シンプルだけれど温かく気取らない雰囲気の店内、季節の花々の彩りを添えて
白い外壁にブラウンの建具のシンプルなコントラストの外観には、さり気なく施された小さなタイルのアクセント。夜には温かみのあるライトが灯り、昼間とはまた違った表情を見せます。店内も、白とブラウンを基調としたシンプルで品のある雰囲気ながら、天井には木の温もりを感じさせる梁が巡らされ、気取らず心地よく落ち着ける空間に仕上がっています。白い花瓶に活けられた季節の花々は、毎週装いを変えて、壁際に彩りを添えています。
深く繊細なスープやソースと、選び抜かれた新鮮な素材で作られる本物の料理
京都のおうどん屋さんで生まれ育ったシェフ、幼い頃より培われたダシに対する繊細な味覚を活かし、食材と温度などの条件に真剣に向き合って紡ぎだすブイヨン、フォンドボー、その他様々なダシを使って作られたスープやソースは深く繊細な味わい。食の安全や召し上がる方の健康に配慮して、選び抜かれた素材…地元京都の信頼の置ける生産者から届く野菜は色も味も濃く、シェフ自らが市場へ足を運び選ぶ海鮮類は天然物にこだわり、鮮度も抜群。それらの貴重な素材を使って、全ての工程に心を込めて作り上げられるのは、正に本物の味です。
真心を込めて完成させた料理を、心安らかに寛いで楽しんでいただける空間を
偽らないことがオーナーシェフの信念です。正真正銘の良い素材を使い、その素材の産地や収穫時の熟成度、季節、調理する日の環境温度、湿度と真剣に向き合い、最も適切な下ごしらえ、塩と熱を施します。全ての工程をごまかさず、心をこめて彩り豊かに仕上げた一皿一皿を、お客様にはぜひ普段着で、心安らかに寛いで楽しんでいただきたいと考えています。お友達、恋人、ご家族…大切な人との和やかなお食事のひと時にお役に立てれば幸いです。


宮川町 喜久屋(ミヤガワチョウ キクヤ)
京都五花街のひとつ「宮川町」で創業以来九〇余年。天麩羅割烹店として、揚げたての天麩羅はもとより京都の台所「錦市場」から仕入れた新鮮な旬の食材を使用した京料理で、花街に来られる口の肥えたお客様や芸妓衆に支えられて参りました。奇をてらわず、食材の持ち味を活かした割烹料理をお楽しみいただけます。
お客様のお好みに応じてご注文して頂けるカウンター席
自慢のカウンターは20尺の尾州檜。目の前で揚げられるアツアツの天麩羅や備長炭で焼き上げられる旬の食材、カウンター越しの板場と会話をお楽しみいただきながら、その日のお薦めのお料理をお好みの調理法でお選びいただけます。 そしてしめくくりは自家製の手打ち蕎麦を是非お召し上がり下さいませ。
旬の京料理に自慢の天麩羅、しめくくりは毎日店内で打たれる手打蕎麦
食材は毎日京都の台所「錦市場」で仕入れられます。季節の移ろいを大切にする京都の料理人が清水焼の器に季節を演出します。春は筍、夏は鱧・鮎・蓴菜・賀茂茄子、秋は松茸、冬は蟹・聖護院蕪等々の食材を最も適した調理方法で提供致します。うす衣を着せ、太白ごま油を中心に数種類の油をブレンドした秘伝の油でカラリ揚げられた自慢の天麩羅の後は、細打ちの手打蕎麦をお出しいたします。
料理を引きたてる名脇役「日本酒」も色々取り揃えております
日本料理にはやはり日本酒が良く合います。京都の地酒を中心に全国の美味しいお酒を常時15種類程度取り揃えております。色々なお酒を楽しんでいただけるように一合の半分のサイズからご注文いただけます。また、スタッフにお尋ねいただきましたらお客様のお好みのお酒選びのお手伝いも致します。お気軽にお声掛けくださいませ。ご来店を心よりお待ち申し上げております


祗をん 玄(ギオン ゲン)
花見小路・祇園の隠れ家。ひっそりと佇む「祇をん 玄」。京都の地のものを使用した懐石料理をお楽しみいただけます。特にお米にはこだわりが。ほんのりと甘く、大変おいしいと評判でお米だけを食べにくる方もいらっしゃるぐらいです。大切な方とのゆっくりとしたお時間をお楽しみ下さい。
まさに祇園の隠れ家 人と顔を合わせることなく過ごせる空間
花見小路を路地を曲がり、外側からはなかなか姿を見せないまさに隠れ家のような店舗です。2階建てとなっており、1階はしっぽりとしたカウンター席。2階は個室がございます。随所に季節の花や緑が生けられる、落ち着いた空間にてゆっくりとお寛ぎいただけます。

京都の地のものを使用 自慢のお米はぜひご賞味を
口に入れるとほんのりと甘みが広がるおいしいお米が自慢。献上米といわれる京都米を使用しております。また、ごま豆腐はフォアグラのようなふわふわの食感を堪能できる一品。1品1品、丁寧に心を込めて作られた優しい味の懐石料理をお召し上がりいただきます。


カフェレストラン アクアブルー/ウェスティン都ホテル京都
ホテルの味をお気軽にお楽しみいただけます。ご朝食からディナーまで一日を通してビュッフェスタイルのお食事をお楽しみいただけるカフェレストランです。アラカルトメニューもご提供しており、サンドイッチやパスタ、メイン料理やデザートなど、充実した内容でお楽しみいただけます。 地元の食材を使った和食メニューや健康を気づかう方におすすめのスーパーフードメニューもご用意しています。
ロビーから吹き抜けの開放的な雰囲気です。146席と、ゆとりの席数をご用意します
京都・東山の緑につつまれ、京都を一望におさめる景観と四季折々の美しい自然に恵まれた立地。 都心近くとは思えない静けさとやすらぎがひろがり、古都の風情を満喫できるホテル内にあるレストラン。活き活きとした料理シーンを見ることができるオープンキッチンが、シアターのような雰囲気を作り出します。
前菜からデザートまで、50種類を超える豊富なメニューが自慢です
栄養バランスよくお召しあがりいただけるよう、約50種類のお料理をご用意しています。 地元京都をはじめ、日本の地方、世界各国の新鮮な旬の食材を使用したフードイベントを毎月開催しております。地元の食材を使った和食や健康を気づかう方におすすめのスーパーフードメニューもご用意しています。旬の野菜をふんだんに使ったオードブルやシェフのパフォーマンスが楽しめるオープンキッチン、充実のデザートをぜひご堪能ください。


柚子屋旅館・一心居(ゆずやりょかん いっしんきょ)
「柚子屋旅館」の一階にあるごはん処「柚子屋旅館・一心居」。お泊りのお客様、旅の途中の方、京の地元の皆様、お好きなようにご利用ください。
食材は日本各地の旬のもの、名残のものを使います。特に京野菜と、幻の柚子と呼ばれる水尾の柚子。そして、これもめずらしい名産・京都牛、棒寿司、柚子鍋、歳時の懐石料理、おくどさんで炊いた御飯。柚子屋旅館一心居では、入り口でおくどさんがお出迎え。四季折々の御飯を炊き上げて皆様をお待ちしています。旬のもの、名残のもの。日本ならではの歳時記に合わせた料理をざっくりした柚子屋旅
柚子屋旅館一心居では、入り口でおくどさんがお出迎え
御飯歳時記 おくどさん
昔はどんな家にも「おくどさん」がありました。竈から立ちのぼるおいしい御飯の匂い。あたたかく、なつかしい、家々の象徴です。柚子屋旅館一心居では、入り口でおくどさんがお出迎え。四季折々の御飯を炊き上げて皆様をお待ちしています。
一心居の柚子鍋
一心居の柚子鍋
鍋は、毎日食べても飽きない七夜鍋。基本は自慢の柚子鍋です。湯葉鯛柚子鍋、鱧柚子鍋、松茸豚柚子鍋、鴨葱柚子鍋。柚子鍋のしめには、ぜひ柚子雑炊を。香り高い水尾の柚子本来の風味をお楽しみください。さらに山薬(とろろ)滋養鍋、甲魚(すっぽん)鍋、京都牛鍋と、にぎやかに鍋料理をご用意しました。
京都広しといえども、一心居でしか出会えないお献立
名物棒鮨
その生産量の少なさから、幻とまで言われる京都牛の最上級のお肉を棒寿司に仕立てました。これは京都広しといえども一心居でしか出会えないお献立。ほのかに甘く、とろけるような京都牛は、一度召し上っていただきたい逸品です。あわせて京野菜を使った棒寿司もお凌ぎに。お昼にお出しする京都牛を使った炭火焼ステーキ丼も自慢の一品です。


京の米料亭 八代目儀兵衛(キョウノコメリョウテイ ハチダイメギヘエ)
京都祗園・八坂神社の正面にお店を構える、京の米料亭・八代目儀兵衛。京都で代々続く老舗お米屋が提案するほんまもんの「米」でもてなす、新しい日本の味。お米だけの懐石コース「米ざんまいコース」で多くのお客様のお米に対する価値観が変わる極上の体験をご用意。メインディッシュは、米の甘さを最大限に引き出すオリジナル土鍋釜で炊く「究極銀シャリごはん」銘柄米の常識を覆す、お米のブレンドという目利きの技が光る。2階席は、八坂神社の夜景とともに、お食事をお楽しみいただけます。
四季によって変化する京都風情たっぷりの祇園・八坂神社の景色を一望
一階ではお米が実際にぐつぐつ炊き上がる様子、お米の香り・音を楽しんでいただき、さらに米職人の料理長 橋本晃治がカウンター越しに皆様の目の前で料理、説明するライブ感たっぷりのカウンターでのお食事をご堪能下さい。二階は八坂神社が一望できるロケーションのカウンター、漆で仕上げた存在感のあるテーブル席、西陣織の華やかな座布団で彩られた小上がりのお座敷をご用意しております。五感を研ぎ澄まし、寛ぎの空間でのお食事をお楽しみください。
料理長であり、米職人である橋本晃治が創り出す珠玉のお米テーマパーク
大分湯布院の有名旅館・京都の有名料亭で長年修業した米職人「橋本晃治」が、米・釜・水・火加減までこだわりぬいて作り上げる究極の銀シャリを京都の「文化」と「季節感」を感じさせる料理と共におもてなしいたします。その料理長が特におすすめするのが米ざんまいコースの「祇園」コース。その中の一品「米八寸」は料理長の遊び心満載のお米のテーマパークをイメージして作られた逸品となっております。うに、いくらなどをふんだんに含んだグラス丼に、田楽、季節のお結びをご用意致します。
究極のお米体験、日本初の米懐石 お米ずくしの「米ざんまいコース」
米ざんまいコースはお米をもっと楽しく、贅沢に味わっていただる嗜好を凝らした米懐石料理ご用意致します。全12品から構成され、全て「お米」繋がりの料理という、日本初のお米づくしの米懐石コースです。ごはんは、祇園料亭米「翁霞」と、店主の五ツ星お米マイスター橋本隆志が全国のお米を目利き厳選し、ブレンド配合を考えた料理ごとに合わせたお米「料理米」を使用しています。メインデッシュはオリジナルの土鍋釜で炊いた「翁霞」と、八代目儀兵衛オリジナルの「ごはんのお供」を提供致します。



ぎをん 桃庭(ギヲン タオテイ)
京都、祇園で至福の中国料理と心づくしのおもてなし。祇園甲部歌舞練場のななめ前、大正6(1917)年に開かれたお茶屋、門口の格子戸をくぐると、そこは…。築100年の町家の空間をできるだけ手を加えず、元の形に戻すように努め、竹矢来に京格子、坪庭など、町家に秘められた昔の人の知恵が生きる独特の意匠を残す、ここ「ぎをん桃庭」で頂く、中国料理の真髄。古都、祇園の奥深さと京都の四季を感じる本物の中国料理の味をご堪能ください。
京都らしいお茶屋(町家)の雰囲気を感じる「寛ぎ空間」
花見小路を行き交う舞妓さんや、当時のままのつくばいを配した坪庭を眺めるテーブル席のほか、調度品も間取りもそのままに大正時代のお茶屋の風情が残るお座敷があります。京舞、地唄の歌詞作りなど、京の伝統芸能にも功績を残した作家・谷崎潤一郎が贔屓にしていたお茶屋。桃庭は、その貴重な建物当時の雰囲気をそのまま今に伝えています。中国料理の真髄、古都、祇園の奥深さと京都の四季を感じる本物の中国料理を、築100年の空間で。
名物カニのピリカラをどうぞ
カニ、フカヒレ、アワビなど、贅沢食材をふんだんに用いる広東料理をベースに、契約農家から仕入れる地野菜を取り入れた料理をコース仕立てで。最高の食材をいかす「桃庭の技」をご堪能ください。また、紹興酒、ワインと一緒にお気軽に楽しめる前菜、魚介料理、肉・野菜料理、点心など、約70種の一品料理もご用意。好きな料理を好きなだけ味わえるのも桃庭流。紹興酒やワインと合わせて料理をセレクトするのも楽しみの一つです。
お客様の心に残る思い出作りをお手伝い
会社の仲間との会食や接待はもちろんのこと、家族や気の合う仲間、恋人との会食が多い「ぎおん桃庭」。大満足をモットーにすべてのお客様にここ「ぎをん桃庭」の町家の空間を楽しんで頂きたく思っております。奥には2名様からの個室、2階の広間には最大40名様までの落ち着いた雰囲気の個室をご用意しております。全スタッフお客様の笑顔を大切にし、たくさんのお客様の心に残る思い出作りのお手伝いをしたいと考えております。従業員一同、御来店を心よりお待ち申し上げております。



京都駅周辺・五条



フレンチダイニング トップ オブ キョウト/リーガロイヤルホテル京都
古都の街並みを一望できる、京都唯一の回転レストラン。京都タワー、東寺など京都を代表する風景がご覧いただけます。ディナータイムにはライトアップされ、幻想的な雰囲気の街並みを。目の前に広がるパノラマの景色を楽しみながら、ダイニングでは洗練されたフレンチを。くつろぎのバーでは珠玉のワインやカクテルを心ゆくまでお楽しみください。
厳選した食材で織りなす美味の数々。
素材の質へのこだわりはもちろん、観光のお客様も多い京都だからこそ、景色だけでなく、料理でも京都をご堪能いただけるよう京野菜を使うなどのこだわりも。ホテル最上階のレストランで、最高おもてなしを。想い出に残るひと時を演出いたします。
有名ホテルのレストランで培われたシェフの腕をお楽しみください。
フランスの三ツ星レストラン「ジョルジュ・ブラン」で研鑽を積んだシェフ中田宏が趣向を凝らす、本格フランス料理をご用意いたします。
一皿一皿を自由な発想で独自のアレンジを加えてお届けする至極の料理をお楽しみください。


鉄板焼 葵/リーガロイヤルホテル京都(てっぱんやき あおい)
美しく光輝く鉄板の上で旬の食材を焼き上げます。全席カウンター席なので、シェフをはじめとする個性豊かなスタッフとの会話もお楽しみください。
京都の町家の風情をイメージ。葵の葉をモチーフに落ち着きの中にも遊び心のある空間。
京の町家をイメージした店内は木目調の落ち着いた雰囲気。全席カウンター席で、目の前の鉄板でお客様を飽きさせません。焼き手の手さばきと共に鉄板焼の醍醐味を心ゆくまでお楽しみください。
シェフ 平嶋 賢二
「一期一会の精神を大切にし、お客様に最高のおもてなしをできるよう心がけています」入社前にチェコ共和国日本大使館公邸シェフを経験。日本鉄板焼協会 準師範取得。様々な料理コンクールでも入賞し、経験豊かなシェフの料理は素材の味を最大限に活かした逸品。

京都市内ホテル初!「近江牛」指定店
京都市内ホテルで初めて「近江牛」生産・流通推進協議会認定の「近江牛」指定店として登録された「鉄板焼 葵」。銘牛として名高い「近江牛」がいつでも堪能できる。この他、全国の著名牛を愉しめるイベントも開催。目の前で焼き上げる上質なお肉や魚介類。素材の味を活かした、鉄板焼ならではの醍醐味をご堪能ください。



ザ キッチン サルヴァトーレ クオモ 京都(The Kitchen Salvatore Cuomo KYOTO)
京都市内、五山を見渡す絶景を満喫していただけるオープンビューレストラン。日本・海外で活躍中のグランシェフ サルヴァトーレ・クオモによるオリジナリティ溢れる料理は、開放感あふれるオープンキッチン、活気あふれる空間より、“The Kitchenスタイル”でお届けします。イタリアの“Kitchen”に招かれたようなライブ感を味わえる、そんな特別な空間に皆様をご招待します。ぜひお越し下さいませ。
京都市内を一望できる絶景レストラン
ジェイアール京都伊勢丹内にあるので、アクセス抜群。活気あるオープンキッチンとオープンビューを目の前にしたテーブル席では賑やかなディナーを。春夏秋冬180度の景色を楽しめ、洗練された空間は、ご旅行の途中、ビジネスや記念日、PARTYなど、その日の気分やシチュエーションでご利用いただけます。
グランシェフ サルヴァトーレ・クオモによるオリジナリティ豊かなイタリアン
1983年に料理の道へ。
1988年より、日本とイタリアを行き来しながら料理の修業を重ね、2000年「サルヴァトーレ・クオモ・ブロス」のシェフに。
料理において、常にナンバーワンではなくオンリーワンであることを目指し、現在は活躍の場を日本だけでなく、世界へと広げ、日々その味を世界へと発信し続けている。京都ならではの食材をふんだんに使った洗練された料理の数々をご堪能ください。


オールデイダイニング コルベーユ/リーガロイヤルホテル京都
ホテルの1階にあるオールデイダイニング コルベーユ。喫茶や軽食から、本格的なホテルの洋食が楽しめるアラカルト料理のほか、ランチ・ディナーともに多彩なメニューが並ぶバイキング料理もお楽しみいただけます。店内は明るく広々としたカジュアルな空間で、ご家族や、お友達、会社のお集まりなど、幅広いシーンでご利用いただけます。
ご家族やグループで気軽に楽しめるオールデイダイニング コルベーユ
カジュアルな雰囲気の明るく広々とした店内で、ごゆっくりとお食事をお楽しみいただけます。月替わりでご用意する種類豊富なメニューが揃う、コルベーユ自慢の「スーパーバイキング」は、ご家族はもちろん、ご友人や会社のお集まり、女子会など、幅広いシーンでご利用いただけます。また、バイキング料理だけでなく、洋食や喫茶のアラカルト料理、ソムリエがセレクトしたワインまで多彩なメニューをご用意しております。
“ご家族みんなで楽しめる!”がテーマの種類豊富なバイキング料理の数々
和・洋・中のバラエティ豊かなバイキング料理!
季節に合わせた旬の食材でご用意するメニューをたくさんご用意しております。
人気のスタンドクッキングコーナーでは、熱々の牛肉の鉄板焼を目の前で仕上げます。お子様や女性に人気のスイーツやフルーツも豊富にご用意!ディナータイムには、チョコレートファウ ンテンも楽しめます。
ホテルならではの美味しさにこだわった“スーパーバイキング”
バイキング料理で人気のある一品、シェフがお客様の目の前で調理する”鉄板焼 牛肉のステーキお好きなだけ”。できたてでジューシーなステーキをシェフがお客様にお届けします。お客様のご注文に合わせて、お好みの焼き加減でご用意。ホテルならではの本格的な味わいを、お好きなだけお楽しみください!



ステーキハウス なかはら(ステーキハウス ナカハラ)
住宅街の中にある大人の隠れ家的ステーキハウス。厳選された黒毛和牛をお手ごろな価格でご賞味いただける、ご家族で楽しめるお店です。
京都駅から一駅 掘りごたつのカウンター席でくつろいでいただける空間です
シンプルな外観に朱色の暖簾が目印。店内は、掘りごたつ式のカウンター席。ゆったりとくつろいでいただきながら、目の前で焼き上げられる鉄板焼をお楽しみいただけます。
A4・5ランクの黒毛和牛をお客様の目の前でお好みに焼き上げます
お客様の目の前で焼き上げられるステーキは絶品です。選び抜かれたA4・5ランクの黒毛和牛をたっぷりとご堪能ください。コースは、店内の水槽から活きた活黒あわび又は活伊勢海老を調理する、海鮮の焼き物がついたおすすめコースが人気です。


リストランテ ラ・リサータ/ホテルグランヴィア京都(リストランテ ラ・リサータ)
イタリアの陽気で明るい雰囲気の中、最上階からの眺望とともにイタリア全土の様々なお料理が楽しめるリストランテ。 自慢の手打ちパスタに、グリル料理、そしてバリスタが淹れる本格エスプレッソなど。まるでイタリア全土を旅するように、おいしさと楽しさを味わっていただけます。
JR京都駅直結。ホテルの本格イタリアン
京都駅ビル内にあるホテルグランヴィア京都の最上階。アクセスも良好なのでお仕事帰りやお買い物中のお食事にも最適。 ランチタイムは太陽の光いっぱいの明るい店内。ディナーは店内の大窓から京都南側の景色がご覧いただけ、線路を見下ろせるのも密かに人気です。
本場のイタリア仕込みのシェフがお贈りする絶品パスタ。レパートリーは100種類以上
本場イタリアの修業経験を持つシェフ・野呂が手がけるパスタ料理。レパートリーは100種類以上。その中から月ごとに数種類をご用意いたします。 ディナーコースはパスタ料理とメイン料理を選べるスタイルが人気!滋味あふれる野菜に、新鮮な海の幸、ジューシーなお肉料理、自慢のパスタをシェフが腕によりをかけ、一皿一皿丁寧に仕上げます。さあ、マンジャーレ!(召しあがれ)


坂安(サカヤス)
西本願寺御用達の鑑札を拝し、全国各地からご参集の寺族の方々やご参拝のお客様に、お食事をお召し上がりいただいております。近隣の皆様には出前にも対応、慶事・仏事に会席や松花堂、企業各社の会議用幕の内のお届けも致しております。
西本願寺「国宝唐門」より徒歩3分。京都駅より徒歩15分。京都水族館より徒歩3分
西本願寺「国宝唐門」より南へ徒歩3分。京都駅より徒歩15分(車5分)。京都水族館より徒歩3分。京都南インターより車7分。お座敷は2部屋のみで、お二人様から30名様まで(いす席は10名様まで/17名様以上は貸切対応)。個室でゆっくり京料理をお召し上がりいただけます。京都駅を基点とするご旅行の行き帰りに、企業各社様の商談等も個室で気兼ねなくご利用いただけます。ご結納や顔合わせ、法事、同窓会やお食事会など、幅広くご利用いただけます。
店主の目の届く範囲の仕事に限定し、お客様のニーズにあった献立をご用意
献立は固定せず、お客様のニーズに合わせた献立でおもてなし致しております。食材は、店主自身毎朝市場に出向き、産地や品質にこだわって、より良き食材を仕入れることを第一としております。調理に関しましては「旬の味と香りを大切に、真心こもった手作り」を念頭に、手間隙惜しまず、丁寧な調理を心がけ、季節を感じて頂ける、京会席をメインとしております。ディナータイムは2組限定でございます。私自身包丁を持つこと30数年、親からの相伝の料理と私自身の経験を生かし、料理に反映しております。
お客様とのご縁を大切に、まごころこもったおもてなし
大徳寺・瑞峯院様で、茶の湯を学ぶこと10年。お客様への「おもてなしの心使いの大切さを」学びました。何より、ご縁があって、お金を払ってまで私の作る料理を食べに来てくださるお客様に対して、失礼の無いよう、私の気持ちが少しでも伝わればいいな、という思いでお迎えしております。またの機会にお越しいただけるよう、ご縁を大切にしたいと考えております。坂安は天保年間岡本伊兵衛が乾物商を営むことに端を発し、昭和初期に仕出し屋へ、平成九年リニューアルして、お座敷を新築。現在に至る。岡本伊兵衛から5代目。


中国料理 皇家龍鳳/リーガロイヤルホテル京都(ちゅうかりょうり こうかりゅうほう)
彩り鮮やかな本格広東料理を独自のスタイリッシュな感性を効かせて仕立てた艶やかな料理の数々。京の町家をイメージした店内と個室。モダンで落ち着きのある雰囲気で大切なひとときを、大切な人と贅を尽くしたお料理とおもてなしで、ご堪能ください。
「皇家龍鳳」の厨房で腕を振るうのは、広東料理一筋に研鑽を積んだシェフ近藤 亮
「皇家龍鳳(こうかりゅうほう)」の厨房で腕を振るうのは、広東料理一筋に研鑽を積んだシェフ近藤 亮。長年培った広東料理の手法をベースに、さらなる美味を追求した中国料理。厳選された食材を最大限に引き出す料理人の技で、彩り豊かな料理やソースに、みなさまのテーブルに華を咲かせることでしょう。
あなたの五感を魅了する
「皇家龍鳳」の中国料理。その魅力は、ベーシックな本格広東料理をスタイリッシュに表現したシェフ近藤の技。さらにこれらの旨味を最大限に引き出すのが極上ワインや中国酒。
ソムリエが中国料理とワインもお愉しみいただけるようメニューにあわせてワインをセレクトいたします。これら贅をつくした美味と洗練されたおもてなしは、あなたの五感すべてを満足させることでしょう。
さまざまなシーンに合わせた特別な空間
レストラン店内にあるプライベートルーム。最大36名様までお入りいただけます。2つに仕切ることで小人数でのご利用も可能です。多彩な中国料理とホテルならではのサービス、贅を尽くした空間をパーティや商談など様々な場面でご活用ください。


レストランオーク/ホテル京阪京都(レストランオーク)
旬の京野菜を身近に感じていただき、お皿の中に季節を感じていただけるカジュアルスタイルのフレンチ「レストランオーク」。 京都駅前八条口の東側、ホテル京阪京都の13階に位置するレストランの大きな窓からはランチタイムには南に伏見桃山城や伏見稲荷大社、東福寺。北には平安神宮や南禅寺、知恩院。 高台寺や清水寺が一望でき、東山三十六峰の四季折々の姿を近くで感じていただけます。ディナータイムには京都の夜景もお楽しみいただけます。目と口で京都の季節をお楽しみ下さい。

京都・東山の美しい眺望を楽しむ贅沢なひとときを
京都駅八条口から徒歩約1分の好立地。 地下道を通れば雨の日でも傘なしでお越しいただく事ができ、しかも目の前が空港リムジンバス乗り場なので、関西空港や伊丹空港へのアクセスも京都一便利になっております。 比叡山をはじめとする東山三十六峰の眺望は京都の数あるホテルの中で「ホテル京阪京都 レストランオーク」だけで楽しむ事が出来る景色となっております。 四季折々の表情を見せる山々が京都らしい贅沢な時間を演出致します。
季節の京野菜をワインと共に楽しめるカジュアルフレンチ
シェフの技術とインスピレーションにより季節の京野菜が華やかな一品となり、ソムリエセレクトのワインが更にその美味しさを引き出します。 レストランオークのコースメニュー最大の特徴は気軽にフランス料理を楽しんでいただける様、彩り鮮やかなオードブルをビュッフェスタイルでご用意しており、どんな世代の方々にもお楽しみ頂けます。 季節によって色を変えるお野菜とシェフが織りなす和のテイストを取り入れたお料理の数々で、京都の四季を感じながら、至福の時間をお楽しみ下さい。



二条城・西陣・京都御所



メシャン・ルー(Mechant Loup)
店舗のコンセプトはOLD IS NEW 伝統を尊び、大切にしながらも、そこから新しい形を表現いたします。日本料理が余剰をそいで研ぎ抜いた引き算の美学だとするならば、フランス料理の魅力はひとつの皿に20も30もの要素や技術を重層させた総合的な掛け算の美学です。昨今簡素やシンプルが謳われていますが、私達はよりフランス料理らしいフランス料理を提供致します。若いスタッフ達で表現されたひとつの形がここにはあります。
古都の街並みが残る寺町通に面するモダンな外観。洗練されたフレンチをご堪能下さい
京都の繁華街河原町三条からわずか足を伸ばしただけで、落ち着いた雰囲気の寺町二条にたどり着きます。歴史を感じる街並みの中、骨董品商や画廊が並ぶ小さな通りに異彩を放つ外観。そこがメシャンルーです。扉を開くと白、黒、そして紫で統一された現代的な空間。モダンアートギャラリーとのコラボレーションによって選ばれた現代美術作品がシンプルな内装のアクセントとなり非日常感を堪能して頂けます。作りこまれた料理とその対極にあるシンプルな空間の対比をお楽しみください。
シェフ長野浩丈と若き料理人達の料理 伝統と革新 その感覚と表現
シェフ長野浩丈は京都府出身32歳。20代の頃、東京のレディタンザトトキにて料理の基礎と技術を修行。京都に戻ってからは北山のレストランで料理長を5年間勤め上げ、ソムリエの打田氏とメシャンルーを開業。独自の感覚で供される料理の全ては、独学で習得した彼ならではのフランス料理。いくつもの要素を重ね合わせながら素材の味わいを最大限に活かすスタイルは、スペシャリテ“季節野菜のコンプレッション”がその代表たる例の一つです。決して京都に拘ること無く素材を追い求め“旨さ”を追い求めた料理です。
料理 空間 シャンパーニュ そしてブルゴーニュで
厳選された素材、考え抜かれた調理法。料理に集中できる空間で味わう非日常感。その始まりはシャンパーニュ、そしてブルゴーニュの長い余韻と共にいかがでしょうか。私達はワインの管理や提供温度は勿論の事、何よりもその状態に拘ります。どんなに良い銘柄のワインでも輸入環境や提供される時期が悪いと本来の姿を楽しむ事はできません。コンディションの良いワインは料理をさらに美味しい物に変えてくれる力があります。作りこまれた料理とワインを楽しんで頂くのが私達の最大の喜びです。


カフェレストラン コージー/ANAクラウンプラザホテル京都(カフェレストラン コージー)
古都京都の中央に位置し世界文化遺産「二条城」のほとりにたたずむ寛ぎのホテル。ロビーに一歩踏み入れると、先ず目に引くのは、心和む庭園。その庭園を臨み、陽光が溢れる明るいレストランホールでは、朝食からディナーまで様々なシーンにあわせたバラエティ豊かなお料理をご用意しております。また、ブッフェスタイルのお料理も前菜からメイン料理、彩り豊かなデザートまで約60種類を超えお料理が並び、シェフズキッチンではライブ感溢れる熱々の料理などもご用意!お好きなものを心ゆくまでお愉しみいただけます。
心和む庭園を臨み、陽光溢れる明るい開放的なレストランホール
ホテルロビーに一歩足を踏み入れると、先ず目を引くのは、心和む庭園。その庭園を臨み、陽光が溢れる明るいレストランホールでは、躍動的なブッフェボードに約60種類を超えるバラエティに富んだお料理と彩り豊かなデザートが並びます。シェフズキッチンでは焼きたての牛ステーキをはじめ、ライブ感あふれる調理風景を目でもお愉しみいただけます。大小2室の個室もございますので、グループでのご予約も承ります。またブッフェ料理だけでなく、シェフがひと工夫を加えた洋食のアラカルト料理もご用意しております。
ライブ感溢れるブッフェ料理を五感で愉しむ至福のひととき
シェフが目の前で作るライブキッチンでは、人気の牛肉の鉄板焼をはじめ、海老の天ぷら、握り寿司など出来たてアツアツ料理をはじめとするブッフェ料理に加え、前菜からメイン料理、彩り豊かなデザートまで約60種類がブッフェスタイルでお好きなものを五感で心ゆくまでお愉しみください。


京旬 いちえ(キョウシュン イチエ)
京都御所南に店を構える「京旬 いちえ」。旬の食材そのものの味にこだわった和食料理をご提供しております。旬の食材や空間、お客様との「一期一会」のご縁を何よりも大切にしております。
京都御所南、閑静な一画に佇む隠れ家的なお店
御所の南、家具の街は夷川通沿いの閑静な一画に佇むいちえ。店内にはカウンター席とテーブル席があり、カウンター席の後方の格子からは優しい灯りが店内を包みます。カウンターのガラスケースにはグジ・キンキ・ノドグロなど旬の魚をはじめ、黒毛和牛、採れたての野菜がずらりと並び、その新鮮さを目で見て楽しむこともできます。シックなテーブル席でゆったりお過ごしいただくのもおすすめです。
鯖の塩味とシャリの甘味のバランスが絶妙な逸品、大人気の「鯖寿司」
鯖寿司は有名な京料理の一つであり、京都の庶民生活の中でお祭りや四季の催し物で食されるご馳走です。それに加え地の方は鯖寿司の評価が一際厳しいいこともあり、「京都は鯖寿司が激戦区」と言われています。そんな激戦区の中でもファンが多い「いちえ」の鯖寿司。鯖の塩味とシャリの甘味のバランスが絶妙な逸品です。


雲海/ANAクラウンプラザホテル京都(うんかい)
会席料理をはじめ幅広い日本料理をお召し上がりいただけます。店内は自然の緑を望みながら、プライベート感を大切にした仕切りの多い造り。また、カウンターでは江戸前寿司と職人との会話がお楽しみいただけます。
石畳を配した料亭風の空間で大切な方と和やかに、厳かに。
京料亭「花門」の名で床の間、前室を備えた個室大小5部屋をご用意。お顔合わせ、ご結納、接待、ご法要、ご家族ご友人の集いなど様々にご利用いただけます。
四季折々の旬の素材
最高級の「和」の 味覚をご堪能ください。
伝統の技で、四季折々の旬の素材が食卓を彩ります。


二条/ANAクラウンプラザホテル京都(にじょう)
鉄板焼“二条”は特選近江牛を中心とし厳選された新鮮な食材をお客様の目の前で仕上げる“ 満足度 100% ”のダイニングステージです。シェフたちの技、厳選された素材をご賞味ください。
全てはお客様の満足のために
特選近江牛を中心とし、新鮮な魚介や旬の京野菜など厳選された食材を、お客様の目の前の鉄板でお愉しみいただけます。“満足度100%のダイニングステージ”にてシェフたちの技、厳選された素材をご賞味ください。
素材を活かす料理人がここにいます
鉄板焼は素材本来の旨味を活かす「焼く」といったシンプルで奥深い調理法です。目・耳・鼻そして舌でその醍醐味をお愉しみください。


セ サンパ(C’est Sympa)
二条城にほど近い京都・堀川御池の静かな場所で、ゆっくりと流れる時間を過ごして頂けるフレンチレストラン「C’EST SYMPA セ・サンパ」が2010年3月にオープンいたしました。京都の地野菜を中心に、季節の新鮮素材を伝統的な方法で調理した、現代風でヘルシーなフランス料理を提供いたします。お客様にゆったりと食事も雰囲気も楽しんでいただきたい。これが私たちの願いです。大切なお食事にぜひご利用ください。
フルオープンキッチンのカウンターでフレンチの一皿が出来上がるまでをご覧ください
町外れの静かな場所で、ゆったりとした雰囲気の中でゆっくりと流れる時間を過ごして頂けるフレンチレストランです。身近だけれども、カジュアルすぎない、細かい心遣いでおもてなしの出来るお店を目指し、シンプルな中にも質感にこだわった内装でお客様をお迎えします。また、フルオープンキッチンのカウンターで身近な会話や接客と、素材のパフォーマンスで調理の臨場感を演出します。会話を楽しみながらフレンチの一皿が出来上がるまでをご覧ください。
京都・先斗町の高級フランス会席のお店で修行したシェフが目の前で腕をふるいます
京都・先斗町の高級フランス会席のお店で修行したシェフが、こだわりの京都の地野菜を中心に、旬を取り入れた季節の新鮮素材を伝統的な手法に基づいて調理した、現代風でヘルシーなフランス料理を提供いたします。お客様一人一人のお顔を思い描きながら、心をこめてお料理を作ることをモットーとするシェフの細かい心遣いの詰まった料理の数々をお楽しみください。 気軽なランチから大切なお食事まで、普段とは少し違う上質な時間をご堪能ください。
農家からの新鮮京野菜や漁師直送魚介類など厳選した食材をつかった本格フレンチ
店名の「C’EST SYMPA」はフランス語で「いい感じ」という意味です。お客様にとっていつも「いい感じ」と思っていただけるように願って名付けました。細かい心遣いとおもてなしの気持ちで、お客様をお迎え致します。食材は農家からの新鮮京野菜や漁師直送魚介類など厳選したものを利用し、フルオープンキッチンでお客様の目の前で調理いたします。お客様とのコミュニケーションを重視した温かい和やかな雰囲気とゆったりとした時間の中で、本格フレンチを五感でお楽しみください。


ローズルーム/ANAクラウンプラザホテル京都
一品一品にシェフのこだわりがあふれる本格フランス料理。格調高いインテリアが優雅なひとときを演出します。2〜8名様までご利用いただける個室1室もご用意しております。
ピエール・ボンコンバン、アンドレ・ブラジリエの絵画たちがお出迎え
格調高い空間に数々の絵画とバカラ、クリストフルの銘品がテーブルを飾ります。優雅さの中にも温かみのある雰囲気です。深紅のバラを基調とした空間で、旬の食材とソースにこだわったクラシカルなフランス料理を心ゆくまでお愉しみください。
自信に満ちあふれたエッセンスがあなたを魅了します
自信に満ちあふれたエッセンスがあなたを魅了します。旬の食材を生かした最高の逸品、フランス料理の王道であるSauce(ソース)にもこだわりながら、お客様ひとり一人の要望にもお応えして、日常を忘れさせる優雅な時間を提供しています。


BRON RONNERY/THE SCREEN(ブロンロネリ)
ホテルの地下1階にあるのがレストラン「ブロン・ロネリ」。和の空間でフレンチをお召し上がりいただけます。天井には春夏秋冬を表すお花の絵が大胆に、龍の絵が描かれている襖絵の奥には掘りごたつの個室をご用意致しております。季節の食材や鮮魚を使ったオードブルから始まり、クラシックテイストのコンソメスープ、シェフ特選旬の魚介類・お肉料理の数々をレストラン「ブロン・ロネリ」にてお箸でお気軽にお楽しみいただけます。
京野菜とフレンチの生み出す新しい食
フランス語で「のどをごろごろと鳴らす(猫)」を意味するron-ronne。お客様には常に美味しい料理を提供し、のどを鳴らせてほしいとの願いから、By THE SCREENの意味をこめて、BとYで囲みました。和食器の中に彩られた本格フレンチは、調理温度への繊細なこだわりが隅々まで行き渡ったものばかり。贅沢なひとときを楽しめる2コースをご用意しております。
Chef Profile : 中平 泰正
「人をもてなし、心から楽しませる事が出来る人は、もてなす事を心から楽しめる人です。」というのがシェフの座右の銘。
そんな中平の料理は、和の食材とフランス料理の融合と調和に念頭を置き、今、主流の調理法を用いることにこだわりをもっております。
お料理の盛り付けはTHE SCREENのコンセプトである「デザイン」を感じて頂けるよう、食材、器、調味料、ソースを使い、京都らしさをスクリーン風にアレンジすることで表現しています。



花梨/ANAクラウンプラザホテル京都(かりん)
一品料理からコース料理まで幅広いメニューをご用意。中国四千年の味を受け継いだ名菜の数々をお気軽にお楽しみいただけます。
セレブなひとときを
広々とゆったりとした60席のホールと、大小5つの個室、高級感あふれる20名様で囲んでいただける大円卓の間もございます。お誕生日、ご法要、同窓会の会食など、さまざまなお集まりのシーンでご利用ください。
中国四千年の歴史
限りなく本場の味に仕上げた食材、ヘルシー美容効果絶大の中国野菜など多彩なメニューの数々をお楽しみください。



北区・上京区



成萬(ナリマン)
京都でも西陣織で有名な西陣の中央に位置しする「成萬」。繁華街からは離れてますので隠れ家的にご利用下さい。靴を脱いでゆっくりとおくつろぎ下さい。お料理は、おまかせの場合その日の仕入れで献立が決ります。夏は「活け鱧」「天然鮎」、寒い季節には「ふぐ」「すっぽん」「かに」などのコースのお料理もご用意しております。
京都独特の鰻の寝床、奥行きのあるお店
一見、小さいお店のようですが、京都独特の鰻の寝床になっており奥行きがあります。外観は大きな看板がないので、通り過ぎてしまいそうですが、のれんを目印にお越し下さい。 1階はカウンター・2階は座敷をご用意しており、お座敷は25名様程度でご利用いただけます。靴を脱いでゆっくりとお食事とお酒をお楽しみ下さい。
「京野菜」「活魚」「四季折々の旬の食材」京料理に舌鼓をうちながら、ちょっと一杯
京都・鷹峯より直送の京野菜を使用しております。色よし・味よし・姿よし、香り高き伝統野菜は千年の都が磨き上げた京の宝物です。夏場は「活け鱧」「天然鮎」、冬場は「ふぐ」「すっぽん」「かに」など四季を感じる食材をメインにご提供いたします。お仕事のお帰り、又は一寸した腹ごしらえなど…お気軽にご利用下さい。


京ゆば処 静家 西陣店(きょうゆばどころ せいけ にしじんてん)
京都でゆば、静家の「ゆば尽くし」。ゆばをメインにした京会席を心ゆくまでご堪能いただけます。稀少な汲み上げゆばや、さしみゆば、ゆばの陶板焼き…。他にはない一工夫された献立でご提供しております。製造工場を京の奥座敷美山町に持ち、毎日届けられる静家の生ゆば。2011年ミシュランガイド京都・大阪・神戸では “ゆば”というカテゴリーで星一つを頂戴しました。明治初期に建てられた京町家で至福の時をお過ごし下さい。
築130年以上経つ西陣の京町家。元は糸問屋として長く使われていた建物です
明治初期に建築され 糸問屋として使われていたのをそのままに…、その頃を思わせるかのごとくオリジナルのステンドガラスを各部屋に施してございます。町家といえば通常3メートル程の間口ですが、6メートル程あり、当時の西陣がいかに盛況だったかを伺い知ることができます。玄関には昔の食器棚を、また坪庭と中庭を有し総面積100坪程の格式ある建物です。ゆったりお過ごしいただけるよう、全てイス・テーブル席にてご案内しております。
静家の生ゆばをメインに節の品を盛り込んだ“ゆば尽くし”の京会席です
京の奥座敷美山町にて製造する静家の生ゆば。その生ゆばをメインに“ゆば尽くし膳”をご堪能いただけます。生ゆばの美味しさをそのままに、ゆばのステーキ、ゆばを使った八寸、ゆば・豆乳を使った季節のスープをご用意。多彩な生ゆばの食べ方を存分に味わっていただけます。胃に優しく消化の早い生ゆばですので身体も癒され、京町家というロケーションと合わさって他にはない感動を体験していただけます。盛り付けも、器も季節ごとに嗜好を凝らして京都らしく上品かつ繊細です。
生ゆばをメインに静家だから出来る本物の“ゆば尽くし料理”
静家の生ゆばは、京の奥座敷・美山町にて製造しております。清らかな空気と水を用いて、国産の豆を選び抜き時間を惜しまず水に漬け、手間隙掛けて豆乳を搾り、丁寧に丁寧にゆばを引き上げます。そのようにして作られる“静家の生ゆば”を料理の主役に置き生ゆばの美味しさをより一層引き立てる為、旬の素材を工夫をこらして添えております。京会席風にしっかり仕上げておりますが、時には洋風仕立てに、時には和風にと最後まで“静家の生ゆば”を楽しんでいただけますように心がけています。


Le Pont(ルポン)
築120年の町屋で気軽にフレンチが愉しめるお店です。京都らしい雰囲気の中で、肩肘はらずにフレンチをお楽しみ下さい。海外で20年修行を積んだシェフのお料理を皆様でご堪能下さい。
築120年の京町屋 こじんまりとした温かみのある空間
京都らしい築120年の京町屋にて、カジュアルフレンチをご提供しております。2階建てのこじんまりとした空間に、オレンジを基調とした温かみのある雰囲気が加わり、居心地の良い店内となっております。1階は、京都ならではの坪庭がお楽しみ頂けます。2階は最大24名程度のパーティー利用も可能なテーブル席となっておりますので、利用シーンに応じてお使い下さい。
海外で20年経験を積んだシェフのカジュアルフレンチ
京都の新鮮な食材をふんだんに使用し、リーズナブルな価格でカジュアルなフレンチをご提供しております。シェフはグルメに厳しいカナダ・トロントで20年、フレンチの修業を積んでいる本格派。自家製のパンから始まる丹精込めたお料理の数々を、皆様で楽しくお召し上がり下さい。


ラ カマルティーナ(La Camartina)
京都御所近く、丸太町通りにある「ラ・カマルティーナ」は、繊細で優しい京野菜イタリアンを堪能できるリストランテです。店名の「カマルティーナ(Camartina)」とは、サンジョヴェーゼとカベルネ・ソーヴィニョン、それにメルローとシラーをミックスさせた逸品スーパータスカンである「カマルティーナ」に由来しています。極上のワインと共に、シェフ自慢のパスタ料理やこだわりの京野菜を使用した料理をお楽しみください。
大人がくつろげるハイセンスな空間
京都御所の南を東西に走る丸太町通りにある「ラ・カマルティーナ」は、シンプルでハイセンスな外観デザインと温かみのある空間を合わせ持っています。夜には間接照明が、少しくすんだ色身のグリーン系のファブリックやインテリア、木の壁面を照らし、それが相まって京都らしい落ち着いた雰囲気を醸し出します。壁には現代アートの版画、天井からはスロウなモダンジャズが流れ、大人がくつろげる空間に仕上がっています。
オーナーシェフ/大井一希
京都産業大学卒業後、京都のいくつかのイタリア料理店で研鑽を積み独立。特に得意とするのはパスタ料理。人気の「生ウニのスパゲッティーニ」は生クリームを使用していないのにとても濃厚でクリーミーであると大評判です。また野菜も地のものにこだわり、使用する一部の野菜は、上賀茂で無農薬野菜を作られている池西農園のものを使用しています。調理には和のエッセンスをほどこし、ほっと心のなごむ一皿を作り上げます。


天喜(テンキ)
歴史薫る西陣の地に、昭和8年創業。鎌倉時代から機織りの匠が軒を連ねていた西陣は、京の産業を支え続けてきた伝統ある地域です。 当店は、この地に昭和8年より創業いたしました。初代主人が、当時まだ例を見なかった「天ぷら会席」を日本で初めて発案。 天ぷらと京料理を融合させた妙味が喜ばれ、次第に「天ぷらの天喜」の名が全国に広まることとなりました。 以来現在まで変わらず、西陣を唯一の店舗として営み、地元のお客様はもとより国内外の要人方々に天ぷら京会席をお楽しみいただいております。
京町屋の落ち着いた空間で、ゆっくりと天ぷら京会席を
鰻の寝床として知られる京町家の佇まいは、茶室を設けた伝統的な数寄屋造り。奥へ進むと、中庭を大小さまざまな座敷が囲む風情あふれる空間となっております。 落ち着いた雰囲気で贅沢な時間をお楽しみいただけるお座敷天ぷらから、賑わいの宴やしめやかなご法要まで、大切な方々との会食にふさわしいお部屋をご提供いたします。 また、カウンター席、テーブル席はご予約なしでご利用いただけますので、いつでも気軽にお立ち寄りください。皆様のお越しを従業員一同心よりお待ちいたしております。
全国から厳選を重ねた旬の食材・新鮮素材を、味とりどりの天ぷら会席にてご提供
当店のこだわりは「素材のあるがままの美味しさ」をお届けすること。 京野菜は地元京都産の安心で新鮮な野菜の提供にこだわっております。鷹峯の提携農家から日々野菜を取り寄せるほか、お米は低農薬栽培で育てた安心・安全な産地のものを厳選。 魚介は中央市場への日々の買い付けのほか、明石、山陰の漁場から季節の魚貝類を直接仕入れております。天ぷらの油は、素材の良さをそのまま引き出す「大豆の白締(しらしめ)」を使用。 揚げたてはもちろん、時間が経ってもサクサクと歯ごたえが増し、美味しくお召し上がりいただけます。


寺町よしくら(テラマチヨシクラ)
「寺町 よしくら」では、御所東に当店を構え、京都ならではの四季折々の下、京都初の米沢牛取り扱い・こだわりの新鮮な鮮魚・旬の地野菜を用いた日本料理をご堪能頂ける様、日々志しております。全国から取り寄せた様々な素材を、京料理の枠にとらわれず、店主が修行した料理の技で、工夫を凝らしておもてなししております。また、お客様に旬の美味しさを味わっていただける自慢の一品料理に合せて、焼酎や地酒をご用意しております。
情緒溢れる街並みの中にあるお店
京都御所と鴨川の間に位置する情緒溢れる街並みに「寺町 よしくら」はございます。落ち着いた空間で贅沢な時間をお過ごしいただけます。御客様と会話の中で、お料理やお酒を楽しんでいただけますようオープンカウンターを中心に、少人数でのご利用にも座敷をご用意しております。
料理人 谷口寿幸 経歴
「神戸オリエンタルホテル」で日本料理の修業、「京大和」で京料理を修業を積む。「リーガロイヤルホテル東京」「ホテル・オークラ東京」「ホテル・オークラ京都」での勤務を経て、平成18年に独立、「寺町よしくら」開店。ホテル時代には、迎賓館総理公邸に赴き調理することも多く、その腕を認められる。


ルルソンキボア(ルルソンキボア)
立地を活かし、京都ならではの料理を楽しんでもらえるように京野菜をふんだんに取り込んだフランス料理を提供させていただいております。フランス料理の正統性を継承しつつも和と洋の区別をなくしオリジナルの料理も提供させていただいております。またお客様を楽しませるひとつの要素としてお客様の舌だけでなく目も楽しんでいただけますように遊び心を多く取り入れた料理も提供いたします。お客様ににも心置きなく楽しんでいただけますように真心をこめたおもてなしをさせていただきます。
時間を忘れるほど楽しい時間を約束する隠れ家レストラン
北山駅から歩くこと約8分、隠れ家的な位置にありますルルソンキボアは、あなたの来訪を心よりお持ちしています。店内は落ち着いた雰囲気の中にも、アンティークのカップや人形などが配され、華やかさが感じられます。
“遊び心”がコンセプト 〜シェフのセンスが心に響く美食の饗宴〜
この「ルルソン・キ・ボア」ではフランス料理ならではの堅苦しいという既成概念に囚われることを嫌い、ただお客様に料理を楽しんでいただくと言うことを第一においております。会食と言うものはもともとは楽しむためのものであり、それをある一定の「規則」のようなもので縛ってしまっては本末転倒というものです。オーナー西村の思いはまさにそこにあり、それこそが彼の基本方針だといえます。



嵐山・貴船・京都郊外



La Part Dieu(ラ パール デュー)
大切な方との楽しいひと時を・・・おいしい料理と、飲み物を豊富に御揃えしております。
リラックスしてフランス式の食事術をお楽しみください。
いつも普通にフランス
京都の北西にフランスの街角にあるような佇まいのレストランがあります。BGMのないシンプルな店内はオーソドックスで少し時代を感じさせる、異国情緒があります。開店して二十五年の間磨き込まれた落ち着いた雰囲気の中で、ゆっくり寛いで語りあいながらお召し上がりください。
時代に流されない「しっかり」とした料理を「たっぷり」ご提供いたします
時代に流されず、しっかりとした料理を春の白アスパラガス、夏の桃、秋のジビエはペルドロー、ピジョンラミエ、フェザン、鹿等 冬のトリュフなどの季節の食材や新鮮な魚、フォワグラ、ロニョンなどフランスを感じさせる食材をシンプルに伝統的な料理法でご提供させていただきます。
京都を感じさせないフランス式料理店
普通のフランスを京都で。アペリティフを楽しみメニューを選びワインを選び、主菜の後にチーズを楽しみ、デザートの後に食後酒とコーヒー。薄味ではないたっぷりのお料理、20種のフランス産チーズ,御手ごろな物から幅広い品揃えのワイン。普通のフランス式食事の時間を過ごすための要素が揃えてあります。


Bistro 銀(ビストロ ギン)
遊び心のある空間で気取ることなくフランス料理を楽しめる始まりのレストランであり最終のレストラン。その究極を追い求めてゆく店「Bistro 銀」。

銀閣寺をイメージしたダイニング、日本庭園、風情感じるお座敷個室…
銀閣寺をイメージした「黒と白」を基調としたダイニング。そのダイニングから大きく開いた窓からは、日本庭園が眺められ、四季折々の風情ある変化を感じることができます。また、個室では、日本ならではの和室でお料理をお楽しみいただけます。京都ならではの風情を感じながら、厳選した食材に手間隙をかけたお料理をご堪能ください。
オーナーシェフ 山田 直正
「水面に浮かぶ葉は、水に新たな形を与え、より自然の美しさを伝えていきます。喜怒哀楽その形は観る人々によって印象が違いますが、それこそが、自然。 食材に寄り添い逆らうことなく人々の心を動かす。自然な料理を創り続けたい。」
Bistoro 銀の想い
厳選した食材に手間隙をかけ調理した料理と思いやり、おもてなしの心で皆様に満足していただける事。そんな、特別ではなくごくベーシックな事を何より大切にして、皆様の貴重な時間をかけがえなのない時間にできるように努めて参ります。皆様の貴重な時間を「かけがえなのない時間」に変えることがBistro 銀の想いです。いつか、あなたにもその想いを叶えられる事を願いながら。


ラ・ベルベーヌ
シャンパンやキール、時にはリカールなどのアペリティフを飲みながら料理やワインを選ぶたのしさ。注文したものがテーブルに運ばれてくるまでのワクワク感。はずむ会話でさらに盛り上がる雰囲気。どれをとっても心地良い時間を過ごせるレストランにはなくてはならないものだと考えています。そんなレストラン ラ・ベルベーヌを目指して、私たちは日々「より良い何か」をご提供できるように心がけて皆様のお越しをお待ちしています。
京都の中心地から少し離れた一乗寺
ここ左京一乗寺の地は修学院離宮からも程近く、曼殊院、詩仙堂、さらには宮本武蔵と吉岡道場一門との決闘の地として知られる一乗寺下がり松といった名所、古刹が数多くあります。シーズンになると観光に訪れる方も大勢いらっしゃいます。そのなかの1つとして「わざわざベルベーヌを訪れたい」そう思っていただけるレストランを目指しています。ご来店いただいた方々にリラックスしていただくために使い心地のよい食器やカトラリーを整え、シックで落ち着いた内、外装でお出迎えいたします。
シンプルで奥深い料理
昔から現代まで長く作り続けられてきたフランス料理には、それが伝統として受け継がれてきた理由があると思います。その1つに素材のもつ可能性を引き出し、さらに高める組み合わせということがあると思います。たとえば素材と素材の。たとえば素材と調理方法の。たとえば料理と飲み物の。そしてそれらを提供するタイミングとの。定番のフランス料理を最良の状態でお楽しみいただけるよう旬の素材を使って1つ1つ丁寧に仕上げています。
ベルベーヌ時間
信州のりんごを食べて育つ南アルプスの黒豚。フランスの最高級品種のブレス鶏を参考にして育てられた福島県の地鶏。京都府南山城村の鹿や猪。地元京都をはじめ全国各地の旬の素材に、毎朝シェフ自ら仕入れる新鮮な魚。料理に使う素材は有名無名にかかわらず全て自分たちが納得したものを使っています。そしてそれは食材に限られたことではなく店のあり方を含めた全ての要素にいえることでもあります。いつもより少し贅沢な時間を過ごしていただくために納得できるものを使い納得できることををする。私たちが日々心がけていることです。


吉泉(きちせん)
京洛の地、ここ「糺ノ森」は、下鴨・高野川と加茂川が相交わる只洲が地名の由来とか。のちに偽りを糺すという意の字があてられた社の森でございます。江戸期を通じて納涼の場としても名高く御手洗い・泉川のほとりにその風情が色濃く漂っております。京懐石 吉泉は、この清き地にあって、おもてなしの正統を真心をもって糺すことに精進しております。
季の室礼(お座敷)
季節の旬の材を用い
気持ちよく 食べよく 楽しく
そして おいしくが京懐石の約束ごと。

下鴨・糺ノ森の静寂と季々の室礼をととのえお待ちしております。
亭主 谷河吉巳
九歳にして調理する歓びを知り、この道に入った谷河吉巳氏。のちに京へあがり、茶道、華道、香道、書、詞歌と、感動を練磨し、生間流式包丁などの有職料理、カロリー計算を考えた糖尿病のための京懐石、海外に京料理の何たるかをPRするための活動など、温故知新の心を忘れず、常に新しい分野を志す。また「ミシュランガイド 関西 2014」にてで三ツ星を獲得いたしました。
味の「美」を極める心、限りなく 心のままに旬を盛る
真味とは、水のごとくさらりとして淡なるもの。
もてなしを極めた真の味。
旬とは、本来「十日間」の意。
何でも出盛りの十日間が最上の美味、旬を味わうことが懐石の約束ごと。


下鴨茶寮(シモガモサリョウ)
創業安政三年(1856年)。歴史と伝統に彩られた老舗の看板。変わるものと変わらないものを見極めながら、永きに渡り積み上げてきた礎。当茶寮では、京都だけが持つ独自の文化や美しさを、お料理やおもてなしの心を通じて、世界中に発信していくことを信条としています。伝統的でありながらも、常に進化を続ける独創的なお料理、サービス、空間のすべてが、京都という名のもとで、見事に調和した時間を、存分にお楽しみください。
世界遺産下鴨神社をすぐ隣に臨む、情緒溢れる美しい佇まい
下鴨の地に掲げるのは、150年以上続く京料理茶懐石ののれん。館内に足を踏み入れると、お出迎えするのは、おもてなしの心と、歴史を彩る見事な調度品の数々。粋を極めたお茶室を有しているのは、下鴨茶寮が京料理茶懐石と呼ばれる所以。百年以上にわたり、手入れを続けてきた庭園は、春夏秋冬を通して、訪れる人々に京都だけが持ちうる美しさを感じさせてくれます。当茶寮では、創業以来、滔々と流れてきた時間を体感していただくことが、おもてなしのテーマだと考えております。
京野菜を始めとする土地の食材をメインにしたお料理は、伝統的でありながらも革新的
その土地でとれたものを、その土地に伝わる方法で料理する「土産土法」スタイルを守り続けてきた当茶寮は、これまで京野菜を世に広め、お料理として実際に提供することで、文人要人をはじめとする多くの人々に愛されてきました。今日においては、伝承されてきた形に、時代に即した創意を加え、感動していただけるお料理を提供することを、何よりも大切にしております。お膳を美しく飾る芸術的なお料理の数々を、是非ご堪能ください。
来る者すべてを魅了すると言われる、京都ならではのおもてなし
おもてなしに最も大切なのは、客人を想う強い気持ち。創業以来、その教えを守り続けている当茶寮では、ご接客に並々なるぬ想いを注いできました。京都ならではのホスピタリティが、皆様の滞在時間を、より一層印象深いものにすることをお約束いたします。通常のご利用に加え、お祝い事や記念日、大切な相手との大切なひと時など、あらゆるご要望にお応えしておりますので、何なりとお申し付けくださいませ。皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。


嵐山 谷口(あらしやま たにぐち)
京都有数の観光地嵐山。観光客の賑わいから、一歩踏み入れた嵐山のふもとにある店は築90年以上を経た古い民家を改装したもの。素朴で静かな環境の中、「嵐山谷口」ならではの会席料理が味わえます。和をベースにしながら洋の食材を取り入れ、オリーブオイルやバルサミコ酢を用いるなど自由な発想にある会席は盛り付けもたいへん優美で、新鮮な驚きと感動に満ち溢れています。お席はすべて個室ですのお客様のご利用に合わせたお料理を提供できるよう心がけております。
築90年以上の古民家
緑に埋もれるような低い屋根、小さな戸口、古い民家を改装した建物は天井が高く、無駄のない空間使いはそのままにすべてのお部屋が掘りごたつの個室となっております。ゆっくりと落ち着いて食事ができることはもちろんのこと、お酒や会話の進み具合に応じてお料理を提供できますよう、きめ細かな心配りをいたします。またご利用目的に応じてお部屋を整えるますのでお気軽にご相談ください。
豪快に繊細に
「お客様の心に残るお料理を」と料理長は常々考えております。たとえばどのコースも、お造りが豪快な「舟盛り」で登場いたします。その日に仕入れた厳選魚介を数種類盛りこみ華やかに。ご飯は土鍋で、お席ごとに炊きたて熱々が提供。このご飯と、ポン酢や有馬山椒などで和風に仕立てた「肉料理」を一緒に味わっていただきます。たっぷりのお漬物も好評でこれを楽しみにされているお客さまも。最後はデザートとコーヒーでほっこりと。
美術館のような店内
内装や調度品は骨董で統一。水屋、桐箪笥や螺鈿細工の箪笥、鏡台など生活道具が古民家の面影を感じさせます。またオーナーの祖父は、若くして手描き友禅の名人と謳われた人物で、店内にはその祖父による手描き友禅の着物地も飾られております。


もみぢ家別館 川の庵(もみぢやべっかん かわのいおり)
京都市内より車で30分。もみじや木々に囲まれた清滝川畔の宿。民芸調の客室と屋根のついた川床席があり、四季折々、旬の食材を使った京料理が味わえる。また当館ならではの舞妓さんの夕べや源氏ボタル鑑賞等、特別企画を開催し川床料理に舌鼓を打っていただけるのも大きな魅力。
京都市内より車で30分。専用つり橋を渡るもみじに囲まれた宿
紅葉でその名が知られる高雄は四季折々の自然の美しさを堪能できる景勝地。清滝川に架かった専用つり橋を渡ると、そこは閑静な民芸調の宿。お部屋には露天風呂が配され、日頃の忙しさを忘れのんびりと時の流れを忘れるひと時をお楽しみいただきます。春から秋にかけては川のせせらぎを聞きながら川床席でお食事が出来るのも特徴。
四季折々、高雄の山里で採れる旬の食材をつかった季節の料理
春は山菜料理や長岡京の筍農家直送の朝掘り筍を使った筍料理。夏は上桂川でとれる鮎を中心にした目にも涼しげな川床料理。鮎は炭火で焼き、たで酢を付けて。氷皿に盛られたすずきの造りや、鮎雑炊など、食材、調理、器の三重奏を味わっていただきたい。また、秋の味覚の王者、松茸を使用した錦繍の山里料理。冬は地元で獲れた猪のぼたん鍋や、丹波牛のしゃぶしゃぶなど四季折々のお料理がお楽しみいただけます。
舞妓と語らう高雄の夏、川床物語
高雄の清流、清滝川に河鹿が鳴き天然記念物に指定されている清滝川に源氏ボタルが川面を乱舞いたします。都会から離れ夢の世界、川床席へとご案内いたします。6/上旬〜7/上旬は源氏ボタル鑑賞の夕べと舞妓はん。7/上旬〜9/下旬は納涼川床料理と舞妓はんの特別企画。期間中、舞妓さんの京舞を鑑賞いただけるほか、舞妓さんとのご歓談や、一緒に記念写真もお撮りいただけます。(カメラはご持参下さい)


宝ヶ池 ゆば泉(たからがいけ ゆばせん)
京都の湯葉(ゆば)は豆腐や生麩など京都を代表する食材・お料理のひとつです。京都観光の折には、京都ゆば泉でおいしいヘルシーな湯葉(ゆば)料理をお楽しみくださいませ。宝ヶ池 ゆば泉では月替わりのコースメニューをご用意し湯葉(ゆば)をフレンチスタイルでランチ・ディナーともにお楽しみいただけます。ゆば泉は京都 湯葉のおいしい店としてグルメの方々からご支持をいただきテレビなどでも紹介されました。京都湯葉の老舗にはまだまだですがそう言っていただけるようこれからも努力してまいります。
フレンチスタイルの感性豊かなゆば料理
いつのまにか豆乳やゆばの味が広く知られるようになりました。「ゆば泉」では、通の方から初めてゆばを召し上がる方まで、こだわりぬいた本物のゆばの味をご賞味いただけます。しかも原料はゆば職人自らが選りすぐった国産大豆。新鮮なゆばと一流シェフの豊かな感性が出合い、フレンチスタイルで誕生したのが「ゆば泉」のオリジナルコースです。ヘルシーで現代感覚あふれるおしゃれなメニューから、お好みのコースをお選びください。季節に合わせた旬の素材とのヘルシーなコラボレーションは、一口ごとの笑みをさそいます。
ゆばのはなし
発祥は1200年代末頃より、各寺院で供する精進料理の素材として用いられたのが起源と言われ、当時蛋白質や脂肪に富んだ「ゆば」は欠かせぬ健康食品でした。特に「京ゆば」は寺社仏閣が多く古くより政治文化の中心地として栄えた京都において茶懐石精進料理、京料理の貴重な食材として重宝され今日迄伝承されて参りました。「宝ヶ池 ゆば泉」では、極上の国産大豆を使用し、添加物をいっさい使用しない自然食品として、安心、安全にお召しあがりいただける「ゆば」の製造を心掛けております。
京料理のはなし
神社仏閣が多い京都ならではの精進料理と宮中料理、そして茶道とともに発達した懐石料理…。そんな背景のもと、海に遠い京の町で手に入る数少ない食材を、手間と工夫でいかに味わい深く調理するか、それが料理人の腕の見せ所でした。素材の風味を生かした繊細な味、珠玉のような盛り付け、美術品とみまがうほどの器、料理人のこだわりや、さりげないおもてなし…京料理の魅力はつきません。私たちは伝統を受け継ぎ、さらに未来へと京料理の魅力を育ててまいります。


北山モノリス(きたやまものりす)
2007年10月2日にオープンしたデザイナーズレストラン。北山の閑静な土地に佇む、隠れ家的なレストランは、結婚式も受け付ける、新世代のレストラン。料理長やキッチンスタッフは、有名料亭でも活躍した懐石和食に京都の地域野菜を取り入れたコース料理。平日限定で、ランチのみの営業をし、不定期で期間限定でディナータイムの営業も行なっております。
日本庭園を備えるデザイナーズ空間
建物の中心に配置された、回遊式の日本庭園は比叡山延暦寺阿弥陀堂の造園も手がけた庭師によるもので、モダンな外観から一転、見事な情景を見せています。自然光をふんだんに取り入れた食事スペースから眺めるその庭園は、四季折々の顔を見せる。夜にはライトアップされた庭園がより一層、食事の味を引き立てる。2階にはバーラウンジとウッドデッキで、少人数のパーティーにも最適です。
素材を活かす妥協しない料理スタイル
料理長やキッチンスタッフは、有名料亭でも活躍した懐石和食は、ちょっとした集まりや、特別な記念日などにも非常に喜んで頂ける斬新さと繊細さを持ち合わせています。マニュアルに取り付かれない、お客様目線のサービスは一流のホテルや料亭では感じられない、心地よさを演出します。

美しくも 美食のおもてなし
料理に使う食材は、産地や季節にこだわります。その野菜や魚はシェフのしっかりとした技と情熱によって美しくも美味しい料理に生まれ変わります。